カテゴリー「林道」の5件の記事

主に林道、シングルトラックも少し

2021/05/04

2021年5月3日三鈷室山妙見山前室山笠石

 天気が良いゴールデンウィーク後半は、MTBで茨城北部の低山探索に行くことにしました。乗れるシングルトラックやダート林道をつなぐことができて、予想以上の収穫でした。
 道の駅さとみから出発。里川左岸の山裾の道を走り、永戸から県道22に入って里川宿を目指します。里川宿から岡見林道に入ります。林道とは言いながら、岡見地区を結ぶ生活道路です。

01_20210504223901

続きを読む "2021年5月3日三鈷室山妙見山前室山笠石"

| | | コメント (0)

2020/09/29

2020年9月27日御前山周辺

 天気が思わしくない週末でしたが、日曜日はやや降水確率が低めなので出かけることにしました。グラベルロードに良い地域として雑誌に載っていた、那珂川沿いの御前山周辺が目的地です。

 今回もクルマです。道の駅かつらをベースにします。行ってみるとオートキャンプ場のようにテントがたくさん張られていました。無料で開放されているようです。

01_20200929205301

続きを読む "2020年9月27日御前山周辺"

| | | コメント (0)

2020/05/03

2020年5月1-2日ステルス行動:白倉林道とテン泊

 この2020年4月末で四日市の単身赴任が終了することになりました。2017年4月から三重県四日市市をベースにしてあちこちに彷徨してきましたが、三重県ベースだったからこそできるところに最後まで行きたくて、ステイホームウィークながら、県境を(ちょっとしか)越えない、人に会わない、という条件を満たすと思われる台高山脈南端の銚子川沿いの白倉林道とその付近でのテン泊を計画しました。単身赴任で帰省できないのでテン泊で一人住まいの楽しみを増幅させるぐらいは許してね。

1日目
 ステイホームウィークのため高速道路はETC割引なしだそうです。時間はいっぱいあるからいいよーということで、下道を走って尾鷲方面に向かいました。熊野古道の伊勢道をたどったコースにノスタルジーを感じます。紀勢本線の梅ケ谷駅です。ここにクルマをデポして二回も熊野古道を走りました。ここで休憩していたら、多気行きの気動車がやってきました。ああ、この列車で輪行したなーとノスタルジーになります。むかしを懐かしむようになるということは、やっぱり歳のせいなのでしょうね(2年前に梅ケ谷駅前から熊野古道伊勢路を走った記録はここ)

01_20200503184601

続きを読む "2020年5月1-2日ステルス行動:白倉林道とテン泊"

| | | コメント (0)

2018/07/29

2018年7月28日鈴鹿山脈の茨川

 台風がやってくる週末ということでここはぐっとこらえておとなしくしなければならないと覚悟していましたが、、三重県地方は土曜日の夕方までは雨はあまり降らないらしいことを発見。しかも、お日様も出たり入ったりしていました。ということで、近所の鈴鹿山脈の奥にある茨川に、自転車で行ってみることにしました。茨川は廃村で、昨秋も台風襲来時に徒歩で探索に行っています(昨年の雨中徒歩記録はここ)

 

 思い立って1時間でスタート地点にやってこられるのは田舎住まいのいいところです。ダート林道の入口です。
01

 

続きを読む "2018年7月28日鈴鹿山脈の茨川"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/22

2017年10月21日 茨川廃村探索

 前回の中央アルプスの下山後に膝が腫れあがってしまい、欠かさず手伝っていた東吾妻MTBをキャンセルするという情けない事態になってしまいました(中央アルプスの記録はここ)
 東吾妻では天気が心配されていましたが、大会は成功裏だったようです。良かった(東吾妻MTBのHPはここ)。でも、わたし的にはお手伝いできずに残念。
 いっぽうで膝のほうは感染症を起こしていたようで、抗生剤などのおかげで医者からは「完治」と言われました。しかし、感染症を起こすこと自体が老化が原因であるように思えて慎重に復帰することにしました。
 台風21号接近で雨予報の週末ですが、雨具の完全装備で林道歩きに行くことにしました。以前から気になっていた鈴鹿山脈西側の愛知川源流にある茨川村(廃村)です。

 

 石榑峠はトンネルが貫通して四日市から茨川へのアクセスは容易になりました。九年前に四日市にいたときに目にした、茨川、の標識が今もありました。
01

 

続きを読む "2017年10月21日 茨川廃村探索"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)