カテゴリー「紀伊半島」の25件の記事

熊野古道、大峰山脈を含む紀伊半島方面の記録

2020/05/03

2020年5月1-2日ステルス行動:白倉林道とテン泊

 この2020年4月末で四日市の単身赴任が終了することになりました。2017年4月から三重県四日市市をベースにしてあちこちに彷徨してきましたが、三重県ベースだったからこそできるところに最後まで行きたくて、ステイホームウィークながら、県境を(ちょっとしか)越えない、人に会わない、という条件を満たすと思われる台高山脈南端の銚子川沿いの白倉林道とその付近でのテン泊を計画しました。単身赴任で帰省できないのでテン泊で一人住まいの楽しみを増幅させるぐらいは許してね。

1日目
 ステイホームウィークのため高速道路はETC割引なしだそうです。時間はいっぱいあるからいいよーということで、下道を走って尾鷲方面に向かいました。熊野古道の伊勢道をたどったコースにノスタルジーを感じます。紀勢本線の梅ケ谷駅です。ここにクルマをデポして二回も熊野古道を走りました。ここで休憩していたら、多気行きの気動車がやってきました。ああ、この列車で輪行したなーとノスタルジーになります。むかしを懐かしむようになるということは、やっぱり歳のせいなのでしょうね(2年前に梅ケ谷駅前から熊野古道伊勢路を走った記録はここ)

01_20200503184601

続きを読む "2020年5月1-2日ステルス行動:白倉林道とテン泊"

| | | コメント (0)

2020/03/14

2020年3月13日熊野古道小辺路大股から高野山

 熊野本宮に向かう小辺路の起点は高野山です。部分的に走破しながら本宮からさかのぼってきました。最後の大股と高野山の区間の探索に向かいました。野迫川村大股には平日のみに運行する村営バスが通っています。高野山からバス輪行で大股に戻るという計画で、ウィルス騒ぎに乗じて金曜日にお休みをとって、出かけることにしました。

 クルマで出発して、奈良県野迫川村大股に早朝に到着。山奥ですが、先週も来ているのでもう慣れました。トイレはすごくきれいでした。村営バスは一日一本です。午後5時28分に到着する弓手原行きのバスで戻ってくる予定です。

01_20200314102401

続きを読む "2020年3月13日熊野古道小辺路大股から高野山"

| | | コメント (0)

2020/03/08

2020年3月7日熊野古道小辺路伯母子岳北面周回

 熊野古道小辺路の高野山と伯母子岳をつなぐ部分を探索する予定で出発しました。ところが、野迫川村大股に至る林道の一部が崩落で通行止めになっていて、バス輪を利用した伯母子岳から高野山の縦走計画はあきらめました。
 二泊三日の大計画でしたが、急に縮小して日帰りで、大股から伯母子岳北面を周回するだけにしました。結果は、古道部分の下りの乗車率はすごく高くて、素晴らしい道でした。

 奈良県野迫川村大股に到着。こんな山深いところはなかなかないと思います。なにしろ大股から野迫川役場に行くのに峠を越えなければならないんですから。その野迫川役場も山の中なのです。

01_20200308091301

続きを読む "2020年3月7日熊野古道小辺路伯母子岳北面周回"

| | | コメント (2)

2020/02/25

2020年2月23-24日 熊野古道近露から滝尻、赤木越と大日越(その二)

 二部構成にするのは初めてです。人家に近いコースということはそれだけ報告したいことが多いという事かもしれません(最近の二泊山登りの記録はここ)

 さて、最終日です。

3日目
 近露の民宿で快適な二晩目を過ごした後は、早朝にクルマで出発して本宮の奥熊野道の駅に移動しました。午前7時に道の駅を出発して伏拝王子に登っていくと、本宮の定番の朝霧が晴れていくところでした。晴れているので冷え込んでいて道には霜が降りています。

18_20200225203201

続きを読む "2020年2月23-24日 熊野古道近露から滝尻、赤木越と大日越(その二)"

| | | コメント (0)

2020年2月23-24日 熊野古道近露から滝尻、赤木越と大日越(その一)

 この冬は超暖冬でスキーにはまだ2日しか行っていません。それに加えて新型ウィルスで出張を伴う仕事も制限されてきました。こうなったら、単身赴任先から山に行くしかありません。熊野古道の中辺路の主要未踏部を踏破しようと出かけることにしました。
 三連休ですが、初日は荒れて、その後の2日間は晴れの予報です。初日は移動に使うことにして、二泊三日の行程にしました。

1日目
 天気予報通りに大荒れの天気になりましたが、クルマなので雨の中を天川村や野迫川村などを彷徨してから中辺路町近露の民宿に到着しました。到着したころには天気は快方に向かっていました。それにしても紀伊半島はでかくて山深いです。
 二晩を過ごさせてもらう民宿は快適です。

01_20200225202701

続きを読む "2020年2月23-24日 熊野古道近露から滝尻、赤木越と大日越(その一)"

| | | コメント (0)

2020/02/03

2020年2月1-2日 熊野古道中辺路近露から本宮、小辺路果無峠越え

 熊野古道がカバーする範囲は広くて周回コースを組むのは難しいので、バス輪行を活用してみました。本宮を中心にして初日は近露までバス輪行して、本宮に戻る中辺路。次の日は十津川温泉にバス輪行して小辺路の果無峠越えに行ってきました。

1日目
 近露でバスを降りると、昭和の香がする酒屋さんがありました。ここから出発です。周囲の山は十津川村から比べるとだいぶ穏やかで、山村ではありますが空が広い集落です。

01_20200203193501

続きを読む "2020年2月1-2日 熊野古道中辺路近露から本宮、小辺路果無峠越え"

| | | コメント (3)

2020/01/12

2020年1月11日 熊野古道小辺路伯母子岳南面周回

先月の三浦峠に続いて熊野古道小辺路の二弾目です(一弾目の記録はここ) 。今回も日帰りで伯母子岳南面の小辺路を下ることを目的にしました。登りは、舗装の奥仙丈林道を使います。
 
 スタートは十津川村の五百瀬(いもせ)。とても小さい小学校がありますが、廃校でしょう。幼い字で書かれた学校の表札が寂しさを倍加します。

01_20200112111101

続きを読む "2020年1月11日 熊野古道小辺路伯母子岳南面周回"

| | | コメント (0)

2019/12/09

2019年12月7日 熊野古道小辺路三浦峠南側周回

 一昨年の冬は熊野古道伊勢路を伊勢から新宮まで分割して走りました。昨年の冬は中辺路の大雲取越えを走りました。今年はいよいよ小辺路に行ってみることにしました。
 結論から言うと、もっとも自転車に適した道かもしれない!ということです。まだ、長い小辺路のごく一部分を走っただけなのでわかりませんが…。

十津川村玉垣内にクルマで到着。今西川と西川の合流点です。ここにクルマをデポして、自転車で林道を今西、三浦峠と走り、小辺路を下ってここに戻ってくるという計画です。

01_20191209193701

続きを読む "2019年12月7日 熊野古道小辺路三浦峠南側周回"

| | | コメント (1)

2019/12/07

2019年11月30日-12月1日 熊野古道奥駈道 玉置山と白谷池郷林道

 世界遺産熊野古道の一つである奥駈道の南部は、山々の標高は低いものの山深い地域です。標高が低いためか林道が発達しているので、古道に絡みながら自転車で玉置山に登り、国道425経由で白谷池郷林道を詰めて、奥駈道にある持経の宿に宿泊して戻ってくるという計画を立てました。

1日目
十津川村折立から出発。舗装路を登っていきます。玉置山に登る登山道の分岐に到着しました。今回はすべてを自転車で走る予定なので、舗装路を選択します。

01_20191207212901

続きを読む "2019年11月30日-12月1日 熊野古道奥駈道 玉置山と白谷池郷林道"

| | | コメント (2)

2019/06/04

2019年6月1-2日山上ヶ岳周回

 昨年5月に天候が悪くなって途中で敗退した山上ヶ岳から大普賢岳と行者還岳を周回するコースに行ってきました。行者還トンネル西口に自転車をデポして下りを楽にする計画です(昨年の記録はここ) 。素晴らしいテン場の小笹の宿に泊まるか、その先のアスカベ平に泊るか迷いながら出発しました。アスカベ平は水が細いらしいので心配です。

一日目
 クルマで行者還トンネル西口に登り、自転車をデポしてから天川村役場に駐車します。天川村からバスで洞川温泉に行き、午前9時半ごろから歩きだしました。洞川温泉は山上ヶ岳にお参りする各地の「講」が宿泊するベースキャンプです。

01_2

続きを読む "2019年6月1-2日山上ヶ岳周回"

| | | コメント (1)