« 2021年4月30日-5月1日二子山父不見山 | トップページ | 2021年5月9日新田山周辺 »

2021/05/04

2021年5月3日三鈷室山妙見山前室山笠石

 天気が良いゴールデンウィーク後半は、MTBで茨城北部の低山探索に行くことにしました。乗れるシングルトラックやダート林道をつなぐことができて、予想以上の収穫でした。
 道の駅さとみから出発。里川左岸の山裾の道を走り、永戸から県道22に入って里川宿を目指します。里川宿から岡見林道に入ります。林道とは言いながら、岡見地区を結ぶ生活道路です。

01_20210504223901

 岡見地区がある大北川流域に入る峠から、東側にある前室山と妙見山に向かいます。三鈷室山と並んで旧里美村を代表する三山だそうです(前室山の碑による)。

02_20210504223901

 踏み跡を少し登るとダートの林道にでました。林道から上は倒木が散らばる杉林になっていて、踏み跡が消えてしまいました。倒木を自転車を持って超えていくのは大変なので、自転車はここにデポ(放置)することにしました。

03_20210504223901

 ちょっとの登りでコルに出ると、前室山に向かう方向には踏み跡が復活していました。その踏み跡をたどり、前室山に到着しました。山頂には立派な碑が立っています。平成22年に設置され新しい碑でした。

04_20210504223901

 コルに戻り、次は東側にある妙見山に登ります。こちらは杉林で踏み跡が判然としませんが、適当に高みを目指します。

05_20210504223901

 妙見山は、小さな山名標と祠があるだけの山頂でした。三角点があるはずですが見つけられませんでした。

06_20210504223901

 登ってきた斜面を適当に下り、自転車を回収してダート林道を走ります。岡見林道支線ということで、岡見林道の岡見集落側に出ました。

07_20210504223901

 岡見林道を登り返して、先ほどの峠を越えて三鈷室山山頂に向かう舗装林道を登ります。この道は20年前の2001年に自転車で登ったことがあります。当時は山頂に電波塔があったのですが、現在は撤去されていて広場になっています。広場の真ん中に祠が据えられていました。ちょっと殺風景ですが、電波塔がなくなってやっと山の神様が戻るところができました。

08_20210504223901


 今回の目的の一つは三鈷室山から里川宿に下る山道の探索です。山頂のガードレール脇が入口でした。

09_20210504223901

 すぐに快適なシングルトラックが始まりました。平坦な尾根の真ん中に土塁のような盛り上がりが続いています。福島県境の目印かと思ってしまいますが、人工物とも思えず、由来がわかりません。快適な道なのですぐに下るのはもったいなく、やや早めのお昼休憩にしました。

10_20210504223901

 登山道は熊穴林道に合流して少し下ったのちに、再びシングルトラックになりました。ややヤブっぽい道です。

11_20210504224301

 その後、作業道のような林道に出て道なりに下っていくと県道22に出ました。県道の出口には朽ちかけている案内板があります。正しく登山口に戻ってくることができました。

12_20210504224301

 後半は林道と笠石周辺の探索です。県道22号を登り七反、漆原の集落を抜けて高萩市との境の峠に到着しました。ここから右に分岐するダート林道に入ります。ここは大荷田林道、あるいは下君田林道などと呼ばれているようです。

13_20210504224301

 ダートを走っていくと営林小屋がありました。「万年杉」という名前がついています。うーん、杉花粉の問題が発生する前の命名でしょうね。

14_20210504224301

 林道を下ると再び県道22に出ます。大荷田の集落に登り返して君田林道の入り口などを確認してから、下りました。田植えが盛んな田んぼを見ながら走り、県道227に入ります。大北川支流の根岸川沿いに緩やかに登っていきます。

15_20210504224301

 大能に向かう県道227から分かれて里川沿いの小妻町にに抜ける県道245に入ると、道幅が狭くなって林道のような雰囲気になります。根岸川の流れのそばを登っていくので夏でも涼しそう。再び常陸太田市に入って少し走ると、笠石塩の道の入り口に到着します。前回は笠石から登ってきましたが、今回はMTBで下ってみます(前回の登ってきた記録はここ) 。いきなり深めの小川が道をふさいでいます。少し下流に浅瀬を見つけて無事に渉りました。

16_20210504224301

 その後は快適な道。小川にかけられた木橋の寿命が近いようでちょっと心配です。

17_20210504224301

 笠石集落の近くに来たら、枝打ちされた枝が道に散乱していて通過に一苦労しました。塩の道があることはあまり知られていないようです。

18_20210504224301

 笠石の集落を下っていくと田んぼの切れ目から薄葉川の左岸についたダート林道、そしてシングルトラックになっていきました。この道は渓谷を楽しむハイキングコースとして整備されているのです。

19_20210504224301

 かなりの乗車率で林道まで下ってくることができました。釣り人が一人だけいましたが、その方のものと思われるジムニーが林道終点に停まっています。

20_20210504224301

 あとは道なりに下り、里川沿いを緩やかに走って出発点の道の駅さとみに戻るだけです。
 走行距離は62kmぐらい。シングルトラックからダート林道までなかなか充実した一日になりました。コロナ禍の状況下で、県内移動のみ、なおかつ人との接触なしのコースとしてベストチョイスだったと自己満足です。

| |

« 2021年4月30日-5月1日二子山父不見山 | トップページ | 2021年5月9日新田山周辺 »

コメント

13kw Solar System https://www.esineng.com/13kw-solar-system/

投稿: 13kw Solar System | 2021/06/14 00:15

Air Source Scroll Type Heat Pumps https://www.buecohvac.com/air-source-scroll-type-heat-pumps/

投稿: Air Source Scroll Type Heat Pumps | 2021/06/13 18:17

Alu Alu Bottom Foil https://www.hdfoil.com/alu-alu-bottom-foil/

投稿: Alu Alu Bottom Foil | 2021/06/13 08:51

Home Cushion https://www.hiisupply.com/home-cushion/

投稿: Home Cushion | 2021/06/12 06:44

日本性爱直播 https://www.luphitech.com/sex/4440/

投稿: 草榴网 | 2021/06/11 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年4月30日-5月1日二子山父不見山 | トップページ | 2021年5月9日新田山周辺 »