« 2020年12月20日軍刀利神社年越しそばツーリング | トップページ | 2021年1月10日花瓶山 »

2020/12/28

2020年12月26日奥久慈男体山と篭岩

 山道が乗れそうになかったりアプローチが舗装路だったりする山だと、MTBでは食指が動きません。奥久慈の男体山やそれに連なる篭岩などはそういう山々です。これこそグラベルロードの出番だ!と考えて、裾野をめぐる舗装林道でそれぞれの山の登山口にアプローチして、山道が厳しくなったら自転車をデポして山頂を目指すという計画をたてました。
 クルマを水郡線の袋田駅にデポして出発です。水郡線は2019年台風19号の豪雨で橋が流されてしまい、袋田駅と常陸大子駅の間が不通になっています。水戸方面からの列車は袋田駅止まりです。駅を出発するとすぐに建設中の橋が見えました。

01_20201228201001

 国道481を月居トンネル方面に登っていくと右手に奥久慈パノラマラインが分岐します。これが山々の中腹を縦断していく舗装林道です。

02_20201228201001

 アップダウンの舗装林道を走っていきます。日陰では寒い朝ですが登りのおかげで体が温まってきました。陽射しがもう少しで差し込んできそうです。

03_20201228201001

 大円地から男体山の登山道に入ります。最初の数百メートルは乗って行けるシングルトラックでしたが、健脚コースを左に分岐した先で自転車はデポすることになりました。

04_20201228201001

 大円地越まで登ってくると、杉林が終わって落葉樹林になりました。朝日を浴びた疎林の斜面がまぶしい。ここを登ると岩壁の上をたどる尾根道になりました。

05_20201228201001

 岩壁側に転落しないように歩いていくと男体山の山頂です。山頂からは小ぶりのビークが延々と連なる奥久慈の景色が一望できました。谷が浅く尾根上に集落も見えます。紀伊半島の山深い景色とはだいぶ印象が違います(初めて紀伊半島の大台ヶ原に行って山深さに驚いている記録はここ) 。

06_20201228201001

 来た道を下り、少しだけシングルトラックを楽しんで大円地の集落に戻りました。先ほどまで居た男体山がドーンと近くて大きい。

07_20201228201001

 再びパノラマラインを走ります。つつじヶ丘という展望台に登ってみました。岩壁が特徴の男体山とその左に山頂が平な長福山。対照的なので女体山になぞらえるらしい。

08_20201228201001

 パノラマライン終点の北富田地区からさら県道を進み、篭岩がある奥地の集落、上山(うやま)に向いました。上山の入口はこんなに目立たない分岐です。

09_20201228201001

 細い舗装路を登っていくと、途中に「篭岩30分」の標識がダートの道を指示しています。ええ?そんなに近いの?と思いながらこの道に入っていきました。すぐに廃道のように荒れてきたので自転車はデポして、歩いていくことにしました。

10_20201228201001

 廃道っぽい道を登ると峠になり、しっかりとした切り通しになっています。これは普通の踏み跡ではありません。しっかり通行ができる道路だったのです。

11_20201228201501

 切り通しのそばに「道路改修記念」の石碑がありました。裏をみると大正10年とのこと。当時は上山に至る貴重なルートだったに違いありません。クルマが走れる道ではありませんが、馬や荷車は通れたのでしょう。

12_20201228201501

 上山方面に下っていくと道ははっきりしているものの倒木などで荒れ気味です。小沢には木橋が渡されていましたが、苔むしていて人が歩いた様子はあまりありません。慎重にわたります。

13_20201228201501

 やがて舗装路に出ました。馬頭観音とお地蔵さんがいて、大正時代は上山と行き来する重要な道だったことがうかがえます。ここから舗装路を歩いて上山集落に向かいました。自転車は持ってきたほうが良かったかなーと反省。MTBだったら絶対に押し担ぎで突破した道でした。

14_20201228201501

 上山集落の最上部から山道を少し歩くと篭岩です。展望台と東屋があります。ここで昼食休憩にしました。そばには篭岩があり、梯子で岩壁の中腹に空いた穴に登ることができます。

15_20201228201501

 篭岩山まで足を延ばす予定でしたが時間切れとなり、戻ることに決定。大正時代の峠道を歩いて戻り、自転車を回収して、那珂川に向けて快適に下りました。国道118を左折して少し下っていくと水郡線の駅、中舟生です。ここは15年前に尺丈山から下ってきて輪行した駅です。

16_20201228201501

 スルーアクセルでドロップハンドルの自転車では初めての輪行でした。スルーアクセル用のエンド金具にはまだ慣れません。もう少し使いやすい金具があればよいのにと思ってしまいました。
 夕暮れの袋田駅に戻り、クルマを回収して帰路につきました。
 グラベルロードと登山の組み合わせはまずまずでした。さらにいろんな使い方ができそうです。

 

| |

« 2020年12月20日軍刀利神社年越しそばツーリング | トップページ | 2021年1月10日花瓶山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年12月20日軍刀利神社年越しそばツーリング | トップページ | 2021年1月10日花瓶山 »