« 2020年10月31日-11月1日三坂峠から野反湖(ぐんま県境トレイル) | トップページ | 2020年11月23日御前山花香月山鶏足山周辺 »

2020/11/10

2020年11月8日四時川林道と栄蔵室

 グラベルロードが頭から離れません。キャンプツーリング向きと思われる阿武隈山地に久しぶりに行ってきました。地域は茨城福島県境付近の四時川と栄蔵室です。調査によると林道としては四時川林道の他に弥太郎林道などがあるとのこと。実地の確認です。さらに栄蔵室は穏やかな山で山頂近くでも水が豊富なのでキャンプツーリング適地がたくさんありそうなので、これも確認しに訪れました。四時川林道は11年前に下っています(塙町スタートで四時川を下り最後は仏具山を越えた記録はここ) 。また栄蔵室は10年前に訪れています(栄蔵室と和尚山の記録はここ) 。

 以前は輪行で水郡線から水辺の常磐線に向かって走っていたりしていましたが、コロナ禍の今はクルマが中心です。いわき市勿来の蛭田川付近にクルマを停めて出発です。雲はあるものの秋晴れの予報です。

01_20201109205201

 蛭田川沿いに登って集落が終わるとすぐにダート林道になりました。途中に四時川林道昭和26年起工の銘板がありました。別名目鎌林道だそうです。まだ標高は低いですが、紅葉と落葉で秋の雰囲気が出てきました。

02_20201109205201

 小さい峠を越えて蛭田川流域から四時川に向けて下ります。横川発電所から男犬平までは舗装路ですが並行する四時川は紅葉が真っ盛り。水の流れと紅葉が太陽の光で彩られていました。

03_20201109205201

 男犬平から先の四時川沿いの林道はダートになります。さらに渓谷の紅葉が美しくなりそうですが、今回はここから左折してダート林道で尾根を越えて弥太郎林道に合流するルートをとることにしました。ちいさな峠を越えて弥太郎林道に合流します。明神平というらしいですが、地図には記載はありません。弥太郎林道を登っていくと崩壊地があり自転車は担がないと突破できませんでした。崩壊地の先は路面が大荒れとなっていました。昨年の台風の影響でしょう。弥太郎林道上部では舗装工事が行われていたようですが、この崩壊のために工事は中断されているようです。路床が流出してしまっている部分もあり、修復は大工事になりそうです。

04_20201109205201

 福島県から茨城県に入る県境付近に弥太郎林道終点の標柱がありました。舗装工事の出鼻をくじかれた崩落と路面流失でした。林道は復活するのでしょうか。

05_20201109205201

 茨城県に入り、県道27号線を走ります。ここも紅葉がきれいです。普段はほとんど通行が無いと思われる道ですが、秋晴れの紅葉を求めてときどきクルマが通り抜けていきました。

06_20201109205201

 栄蔵室の入口にある亀谷池湿原で分岐する花園渓谷に下る県道に入ります。さらに、すぐに右手に分岐するチェーンゲートで閉鎖されている栄蔵室林道支線に少し入って昼食。阿武隈山地の特色である台地地域に入っているので、林道もたいらです。落ち葉の中で荷物をあちこちに置いて、手足を広げるがごとくの休憩タイムでした。

07_20201109205201

 栄蔵室には南登山口から入りました。落葉の明るい林で美しい。どこでも幕営できそうです。なにより小川があちこちに流れていて水に困らないのも重要なポイントです。

08_20201109205201

 栄蔵室山頂から南西に下ります。笹の中のシングルトラックを下るとすぐに林道に出ました。予定では柳沢林道を下るつもりでしたが、分岐を間違えて高萩市下君田方面に下ってしまいました。もう登り返す気にはなりません。林道はいい雰囲気です。

09_20201109205201

 下君田からは小川ダム経由で北茨城の大北渓谷を下ればよかったものを、持ってきた地図の範囲外になってしまったために高萩市内を目指して進んでしまい、関根川を下り県道10号でいわきを目指すという大回りを強いられることになってしまいました。山の中で彷徨しているわけではないので、単純に頑張って走って行けばクルマに戻れることができるというのが安心材料です。ヘロヘロになりながらも、夕暮れ時になんとか県境にたどり着きました。

10_20201109205201

 短いながらもシングルトラックもあったし、ダート林道は十分に楽しんだし、いやというほどの舗装路サイクリングもありました。過去の彷徨記録を見返してみると、近いところをいろんなパターンで走っていることがやっとわかってきました。日帰りばかりでしたが、今後はキャンプツーリングという視点でこの地域を走る計画を立ててみたいと思いつつ帰路につきました。紅葉最盛期でも、人が少なくて人里離れた秘境気分が味わえる地域です。しかも、自転車があればすぐに人里に下れるという安心感も重要です。プチ冒険というやつでしょうか。

| |

« 2020年10月31日-11月1日三坂峠から野反湖(ぐんま県境トレイル) | トップページ | 2020年11月23日御前山花香月山鶏足山周辺 »

コメント

Mさんこんにちは。輪行がフル活用できる地域だと思います。水郡線から常磐線など。またご一緒させてください!

投稿: Zen | 2020/11/11 21:16

扇山と三つ峠でご一緒したMです。四時川は昨年3月の18切付で輪行仲間と勿来駅から蛭田川を進みましたが、途中近道と国道289号に。四時川沿を左折、暫く行くと崩落がありあっさり引き返し、そのまま駅まで戻り終了しました。蛭田川をそのまま進もうという意見もあったのですが。常磐線は純行充実していますので再挑戦したいと思います。

投稿: moiti | 2020/11/11 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年10月31日-11月1日三坂峠から野反湖(ぐんま県境トレイル) | トップページ | 2020年11月23日御前山花香月山鶏足山周辺 »