« 2020年11月8日四時川林道と栄蔵室 | トップページ | 2020年11月29日比企丘陵彷徨 »

2020/11/24

2020年11月23日御前山花香月山鶏足山周辺

 ついに納車された新しい自転車で出かけました。タイヤはダートOKとはいうものの、サイズは700C×32CでMTBに比べるとずっと細い。それでも、舗装路、ダート林道に加えていきなりシングルトラック、さらには担ぎも入ってしまいました。走破性はMTBにははるかに届きませんが、舗装路を快適に走れるので遠くまで行けて、それはそれで楽しい。今回は48km走ってきました。
 行ってきたのは、那珂川右岸に広がる低山の茨城栃木県境を行ったり来たりするコースです。
 出発は9月にも行った道の駅かつら。連休ということでキャンプしている人が多い。ここはキャンプOKの道の駅なのです。

01_20201124222601

 まずは皇都川沿いの御前山林道に入ります。さっそくダートです。9月に26インチ×2.1のタイヤを履いたMTBで来た時に比べると小石にはじかれたりしてやや不安定ですが、乗車でしっかり登って行けました(9月にMTBで来た時の記録はここ)

02_20201124222601

 今回は積極的に舗装路を走って県境に絡む地域を探索する計画です。御前山林道から相川に出て、道木橋から県境を越える道に入りました。山は低いものの県境は人家がなくなり紅葉の静かな道になります。

03_20201124222601

 県境を越えて茂木町青梅をかすめて再び茨城県に戻ります。

04_20201124222601

 仲郷地区まで下ってから、再び西に向かう県境越えの道に入りました。送電線沿いに県境を越える道はダート林道です。

05_20201124222601

 県境には茂木町道終点の標識がありました。

06_20201124222601

 町道とはいいながら、ここからシングルトラックになりました。細いタイヤでも乗れるところもありました。

07_20201124222601

 茂木町高田新田まで下り、花香月山から鶏足山に向けて続く県境尾根の栃木県側を巻いていく、高田新田並柳線という舗装林道に入ります。枝尾根を越えるごとにアップダウンが続く舗装路ですが、日光、高原山、那須連山と続く栃木県側の展望が広がって気分を癒してくれます。

08_20201124222601

 高田新田並柳線が下りに入るところに、県境尾根に向けて登っていく舗装路の分岐がありました。探索してみると、県境の380mピークにある電波塔に通じていました。電波塔の南側から尾根上にシングルトラックがあります。乗って行けそうなみちなので、ここをたどってみることにしました。行きつくところは鶏足山のはずです。

09_20201124222601

 ドロップハンドルのグラベルロードなのにアップダウンするシングルトラックを担いで登ったり押して下ったりしていくと、思案峠という標識が現れました。茨城県側の大沢集落から鶏足山に登る登山道のようです。ここを下って行くと、とても快適なシングルトラックが現れて、しっかり乗っていくことができました。すばらしい。最後はダート林道を下って、大沢集落と赤沢集落を結ぶ舗装路に出ました。この一帯は森林育成の試験地になっています。なんと1996年から2072年までの試験期間が設定されていました。森林育成は気の長い試験です。

10_20201124222601

 大沢から小さい峠を越えて塩子川沿いの道に入り、橋本付近で分岐する仏国寺に登る道に入りました。すべて舗装路なので本来の自転車の性能が発揮できているようでうれしい。森の中に入ると仏国寺です。参拝してから紅葉のもと、落ち葉が積もった駐車場の端っこに座って昼食休憩にしました。

11_20201124223001

 昼食休憩後、仏国寺から少し登って小さい峠を越えて相川源流をくだります。相川からこまねぎ峠に向かう県道に合流してこまねぎ峠に登ります。ここから、御前山林道に向けてダートの下りに入りました。安定したダートですが、やっぱりMTBに比べると神経を使います。それでも、舗装路だけでなくダート林道も、そしてシングルトラックにも入れる、担いでも軽いというのは大きい。

12_20201124223001

 最後は再び御前山林道のダートを登って相川に向かう分岐に出ます。朝は相川に向かいましたが、今度は下伊勢畑に向かう林道大栗人場線に入りました。御前山ハイキングコースを峠で交差して下伊勢畑に下ります。そして那珂川沿いに走って道の駅かつらに戻りました。ここまでずっと舗装路でしたが、やっぱりMTBの太いタイヤでゴロゴロ走るよりずっと快適でした。

13_20201124223001

 ドロップハンドル、細いタイヤの新品自転車なのに、いきなりシングルトラックで担いだり、斜面をずるずると押して下ったりしてしまいました。傷をつけてボロボロにしないように気を付けないと。でも、行動の範囲が広がった気がしていろんな計画が立てられそうで楽しみです。

| |

« 2020年11月8日四時川林道と栄蔵室 | トップページ | 2020年11月29日比企丘陵彷徨 »

コメント

ありがとうこいざいます。補助ブレーキなるもの、今回初めて知りました。
それにしましても32Cでの下りは技術を要すると思います。

投稿: moiti | 2020/11/26 17:04

Mさんこんにちは。
補助ブレーキは有力です。幅が狭いもののドロップハンドルをフラットバーのように使いながらブレーキを掛けられるのでMTBと似た感覚で下れました。

投稿: Zen | 2020/11/26 10:39

Mです。
山と旅の自転車プラス納車おめでとうございます。32Cでシングルトラック下れるとは素晴らしいです。下りでは補助プレーキを使われるのですか?

投稿: moiti | 2020/11/25 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年11月8日四時川林道と栄蔵室 | トップページ | 2020年11月29日比企丘陵彷徨 »