« 2019年9月7-8日 西駒んボッカスタッフ参加 | トップページ | 2019年9月27日 高室山と周辺彷徨 »

2019/09/16

2019年9月14-15日 大滝山から蝶ヶ岳

 北アルプスで自転車を有効利用する場所はなかなかありません。それでもいくつか候補がありますが、その一つの三郷スカイラインを利用して大滝山と蝶ヶ岳に行ってきました。昨年にも挑戦したのですが、昨年はスカイラインが不通であきらめました(林道崩壊であきらめた昨年の記録はここ)
 今回は計画に賛同してもらえる人が得られて4人パーティーでの実施になりました。

一日目
 集合場所は道の駅ほりがね。三連休の初日とあって昨晩は車中泊と思われるクルマがたくさん停まっていましたが、日の出とともに出発していったようです。常念岳がきれいに見えています。天気予報通りの好天です。

01_20190916130201

 三郷スカイラインの駐車場に移動して出発です。ここはマイナールートですが、我々以外のクルマが5台以上も停まっていて、さすがに好天が予報された連休は人が多いようだね、と話します。後から得た情報によると、常念岳や蝶ヶ岳を周回できる隣の三股登山口はマイカーが林道上に数珠繋ぎで駐車していたそうです。5台程度は閑散というべきでした。

02_20190916130201

 午前8時半に出発。送電線の鉄塔や展望台がああるところまで少しだけ舗装路が続きますが、すぐにダートの鍋冠林道に入ります。しばらく登っていくとゲートがあります。徒歩や自転車はゲートの横を抜けていくことができます。

03_20190916130201

 自転車は久しぶりなので体がついていきません。だいぶ押しが入ってしまいましたが、なんとか冷沢に50分ぐらいで到着しました。

04_20190916130201

 ここから先は水場はなく、小屋の天水を購入するしかないので水を補給しました。名前の通り冷沢の水は清冽でおいしい。でも、3.8リットルも補給してしまったのでザックはずっしりと重くなってしまいました。

05_20190916130201

 乗って下れそうなシングルトラックを確認しながら、自転車を押したり担いだりして鍋冠山の到着しました。ここまで2時間弱かかりました。久々の担ぎは応えます。

06_20190916130201

 鍋冠山からは八丁ダルミという緩やかな鞍部になります。期待していた通りに自転車に乗って走っていくことができました。

07_20190916130201

 八丁ダルミが終了すると大滝山荘への登りになります。だんだんと下りが期待できない路面状態になり、標高2400m弱のところで自転車はデポすることに決定。四台をまとめてワイヤー鍵で結びました。こんな場所にある自転車を持って帰る人はいないとは思いますが、一応の用心です。
08_20190916130201

 自転車が無くなると登りも快適です。ハイマツの稜線に午後2時半ごろに飛び出しました。楽勝で大滝山荘でゆったりできます。

09_20190916130201

 雲があちこちにあるものの展望はまずまず。正面に常念岳がそびえていました。

10_20190916130201

 稜線を少し南にたどるとすぐに大滝山の北峰に到着です。ここはテン場にもなっていて、すでに数張り設営されています。

11_20190916131301

 テン場から少しだけ下ったところに大滝山荘がありました。今晩の宿泊は我々を含めて6名だけとのこと。蝶ヶ岳ヒュッテは250名だそうです。連休ですが、超穴場の大滝山荘です。ということで、我々4名は広い9人部屋を独占させてもらえることになりました。

12_20190916130901

 さっそく小屋の前のベンチに陣取って、それぞれで担ぎあげた泡系飲み物でカンパーイ。この瞬間が今回の山行では最も重要な目的のひとつです。

13_20190916130901

 晩御飯をいただき、消灯の午後9時近くまでゲラゲラ笑いながら話をしていて、同宿の方から静かにと注意されたのは我々です。

二日目
 ぐっすり寝て朝食をいただき出発。小屋のすぐ前に安曇野を見渡す展望ポイントがあることに気が付きました。雲海の上に左に八ヶ岳、右に南アルプス、そして真ん中に富士山が見えていました。こんなにいい展望台がすぐそばにあったのならば、ご来光を拝みに出てくればよかった。

14_20190916130901

 最高の天気の中を蝶ヶ岳に向かって歩きます。雲海は2000mあたりにあるらしく、美ヶ原あたりはギリギリでのところにあります。

15_20190916130901

 蝶ヶ岳に到着。視界を邪魔していた長塀尾根が無くなり、穂高連峰から槍ヶ岳の大展望が開けました。

16_20190916130901

 蝶槍に向けて歩いていきます。森林限界上の稜線散歩です。景色も最高、風もなく暑いくらいです。人は多くても、広々とした尾根は気持ちよい。

23_20190916145101

 蝶槍を往復する際に、旧蝶ヶ岳山頂を確認。三角点があります。Tさんが持ってきた30年前の山と高原の地図にはここが蝶ヶ岳と記されていますが、最近の山と高原の地図には旧蝶ヶ岳山頂となっています。山頂が変わることがあるのか!?と議論沸騰。蝶ヶ岳ヒュッテのすぐそばに蝶ヶ岳山頂を持ってきたいという営業的な施策ではないかという推論に落ち着きました。現代の蝶ヶ岳山頂は三角点よりも高い2677mの地点にあって、安曇野市の標識も立っているので行政も認めたんだろうね、と確認しあいました。

17_20190916130901

 午前9時を過ぎるとガスが安曇野方面から登ってくるようになりました。十分に眺望を楽しんだので来た道を帰ります。蝶ヶ岳付近にはたくさん人がいましたが、大滝山方面の道に入ると誰もいなくなりました。

18_20190916130901

 蝶ヶ岳から1時間ちょっとで大滝山荘に戻ってきました。静かな小屋前のベンチでしばし休憩。大滝山南峰にも行ってみましたが、すでに安曇野から登ってきたガスで展望はえられませんでした。大展望に幕が下りて、下山するには良いタイミングです。

19_20190916130901

 下りは早い。30分足らずで自転車のデポ地に到着。どのくらい乗れるでしょうか。

20_20190916130901

 八丁ダルミは期待通りの乗車率。鍋冠山に登り返して、冷沢に向けて下って行くと、だんだんと乗車率があがり、最後は快適なシングルトラックで冷沢に到着しました。

21_20190916131901

 林道を快調に下り、駐車場に帰還。大滝山荘から3時間で下ってきました。やっぱり下りは早い。

22_20190916131901

 もともとの計画は、安曇野の集落からからスカイラインを自走で登り、大滝山荘から徳本峠を経て島々に下る、という無謀なものでした。だんだんと自分の体力や気力とこの計画を冷静に比較するようになり、まずは大滝山荘までの道の様子を見ようということで、往復の計画に縮小しました。結果は見ての通り、大滝山荘まで自転車で行くこと自体がタイヘンということがわかりました。それでも八丁ダルミまでは多少は自転車に乗れるところがあるので、自転車を活用して森林限界を超えた山を楽しめるコースとして貴重かもしれません。人が少ないので、自転車で入っても大丈夫なのもいいところです。
 でももう一回行くか、と言われると、うーんちょっと考えてしまいます。やっぱり小屋に流水が無くて、泡系飲み物を冷やせないのが痛いところかな。







 

 

| |

« 2019年9月7-8日 西駒んボッカスタッフ参加 | トップページ | 2019年9月27日 高室山と周辺彷徨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年9月7-8日 西駒んボッカスタッフ参加 | トップページ | 2019年9月27日 高室山と周辺彷徨 »