« 2018年12月7-9日ベトナムハノイ | トップページ | 2019-2019(前半)シーズンスキー »

2018/12/25

2018年12月24日熊野古道伊勢路 荷坂峠ツヅラト峠周回

 昨冬は数回に分けて熊野古道伊勢路を完走しましたが、ツヅラト峠と並行している荷坂峠には行っていなかったので、日帰りで行ってきました。

 梅ケ谷駅にクルマを停めて、国道42号線沿いに登ります。ところどころで旧道に入り込みます。朝日が昇ってきました。昨冬にツヅラト峠を越えたときはとても冷え込んでいましたが、今年はあまり寒くはありません(昨冬のツヅラト峠越えはここ)

01

 国道から旧道に入るところにはこのような木の棒の道標があります。黒ペンキの文字ははがれてしまっていてみすぼらしい。世界遺産らしくありません。
02

 いよいよ国道から離れてダートの林道に入ります。
03

 林道を走っていくと、巡礼のお墓という標識が出てきました。熊野古道沿いにはお参りに行く途中で行き倒れになってしまった人のお墓があちこちにありました。ここにもあるのか、と思いながら自転車を置いて見に行きました。
04

 「ここ」がお墓だそうです。何も書いてない石が立っているだけ。本物かなーと疑ってしまいます。みすぼらしい標識といい、怪しい巡礼のお墓といい、どうも世界遺産という重厚さがありません。
05

 簡単に荷坂峠に到着。国道の荷坂トンネル入口からすぐのところです。
06

 荷坂峠は旧国道がダートで越えていて、今は大紀町の一部となってしまった大内山村の標識が朽ちつつありました。
07

 古道は旧国道から外れてシングルトラックで下って行きます。 
08

 いい感じで乗って行けます。タイトターンも乗れたり乗れなかったりというところで、楽しい。熊野古道伊勢路の中では、出色の自転車向きの区間かもしれません。
09

 南西に向かって下って行く尾根上の道になると傾斜が緩くなってさらに快適になってきました。途中で、眼下に紀勢線の線路が見えるところもありました。
10

 紀伊長島の入江が見える場所がありました。さらに下ったところには沖見平という展望台もあります。リアス式です。
11

 道は途中から明治道と江戸道に分かれるところが数か所出てきました。すべて明治道を行きます。明治道はしっかり乗って下れるいい道でした。古道ではおなじみの、番号が付いた道しるべも出てきています。荷坂峠は紀伊長島側が世界遺産に指定されている区間でした。
12

 下り道は猪除けの石垣に守られたダート林道で終了です。これはかなり立派な猪垣です。
13

 緩やかに下って行き、海岸沿いをはしる国道横にある道の駅の到着しました。まだ午前9時です。ここの海鮮丼を食べる予定でしたが、お昼には早すぎます。
14

 そこで、紀伊長島の町を抜けて次の一石峠に足を延ばしてみることにしました。昨年も来たシングルトラックとダート林道がミックスした道を登ります。
15

 切通の峠らしい雰囲気の一石峠は、幅が広いダート林道で越えます。古里の集落を眺めてから来た道を戻ります。
16

 実は、紀伊長島の町を抜けている際に、「年末大港市」ののぼりをたくさん見かけました。ここに行ってみようという計画です。
17

 江ノ浦の南側を走り、珍しい昇降橋の江ノ浦橋を渡って大港市会場に向かいます。
18

 たくさんの人でにぎわっています。今日は鮮魚詰め放題は中止だそうですが、トウモロコシとアジの詰め放題は開催中でした。なんと500円で詰め放題。
19

 いろんな海産物があります。生の魚はもとより干し物、さつま揚げ、牡蠣、伊勢海老、などなど。
20

 七輪を無料で貸し出してくれて、大港市で買った魚介類をその場で焼いて食べられるという、無料七輪コーナーは順番待ちになっていました。
21

 さんま寿司、さつま揚げ、ホヤの天ぷらを購入して、町中を再びのんびり走って紀伊長島駅の待合室で、ちょっと早めの昼食にしました。
22

 輪行で梅ケ谷駅に戻る予定でしたが、次の列車まで2時間近くあります。ツヅラト峠を登り返して周回することに決定。腹ごなしにちょうどよい。
23

 ツヅラト峠にはおなじみの立派な道標が立っています。伊勢神宮まで68kmです。
24

 林道を登りきると石畳の道になりました。昨年はここを押して下りました。自転車に肩パッドをつけて担ぎとなりました。暑くなって半袖で汗をかきながら登ることになりました。
25

 再び海岸が見渡せる峠に登ってきました。
26

 下りは少しだけ。すぐに林道に合流しました。
27

 舗装路を下って行くと紀勢線の踏切がカンカンと鳴っています。輪行で乗る予定だった上りの多気行きの列車がちょうど梅ケ谷駅を出発してくるところでした。紀伊長島駅でぼんやりと待つよりも、ツヅラト峠を登って来たほうが充実感はあったでしょうが、紀伊長島駅から荷坂峠を登る列車に乗って輪行するのも良かったかも。
28

 梅ケ谷駅にデポしたクルマに戻り、帰路につきました。帰りがけに奥伊勢サービスエリアで大内山牛乳を飲みました。牛乳には詳しくはありませんが、おいしかった。

|

« 2018年12月7-9日ベトナムハノイ | トップページ | 2019-2019(前半)シーズンスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年12月24日熊野古道伊勢路 荷坂峠ツヅラト峠周回:

« 2018年12月7-9日ベトナムハノイ | トップページ | 2019-2019(前半)シーズンスキー »