« 2017年10月1日 御池岳 | トップページ | 2017年10月21日 茨川廃村探索 »

2017/10/12

2017年10月8、9日 木曽駒ヶ岳

 自転車を使った南アルプス荒川三山の成功に味をしめて、一緒に行ったYさんやOさんと今度は木曽駒に行こうと計画していました。(荒川三山の記録はここ)
  木曽駒は大樽小屋から桂木場に下る道が自転車にはベストなのですが、計画を相談しているうちに、下りは馬返しから権兵衛峠に至る尾根たどって、峠から出発点の奈良井川林道に戻るという周回コースに決定しました。このコースは地元の「ジャンボカラ松保存会」が整備しているらしいのです。また、宿泊も連休でも空いているのではないかと予想される、木曽駒山頂から少し下った玉乃窪山荘を選択しました。(2年前の、西駒山荘宿泊で桂木場に下った記録はここ)

 秋の三連休の後半2日は好天が予報されています。小屋の営業が最終日を迎えるタイミングです。逃すわけにはいきません。前日に権兵衛トンネルの木曽側に行き仮眠します。同行するYさんは伊那側で仮眠中。残念ながら今回はOさんは参加できません。

1日目
 朝の気温は10度。晴れていますがそれほど冷え込んではいません。
01

 伊那側からやってきたYさんと合流して、奈良井川林道を遡上します。さっそく紅葉の中のダートの道になりました。
02

 最初は調子よく走って行けますが、だんだんと傾斜がきつくなってきます。一泊二日の荷物に加えて嗜好品も詰め込んだので最後は押しが入ってしまいます。それでも1時間半かからずに登山口に到着しました。
03

 登山道は押しと担ぎ。でも、1時間ほどです。途中で北アルプスの穂高と槍が垣間見えました。
04

 大樽小屋に到着。自転車は小屋の中の端っこにデポさせてもらいました。
05

 自転車がなくなって身軽になりました。ここから胸突ノ頭までは急登です。標高がだいぶ上がってきましたが、まだまだ紅葉は盛りです。
06

 西駒山荘では水をたっぷりと補給しました。森林限界を超えた稜線なのに、この時期でも枯れない豊富な水場があります。雲が多めの稜線を登っていきます。気温が高く風が弱いので、半袖でも大丈夫。夏のようです。
07

 馬の背の分岐に到着。木曽駒の山頂はすぐそこ(右奥のピーク)です。
08

 見下ろすと中央アルプス唯一の天場と駒ヶ岳頂上山荘があります。たくさんのテントが張られていますし、小屋周辺にもたくさんの人影が見えます。連休ですし、ロープウェーでアプローチできるので西駒山荘付近に比べるとぐっと人が増えました。
09

 周辺の山々はガスの中なので、明日の天気に期待して木曽駒ヶ岳の山頂はそうそうに退散して、玉乃窪山荘に下ってきました。ガスは発生したり消えたりしています。陽射しがあると暖かい。陽射しを探しながら、小屋の外でカンパイ。
 予想通り、連休ですが玉乃窪山荘はゆったりでした。同宿の人たちと話をしたり、消灯前には小屋主から最終日ということで酒がふるまわれ、楽しい時間となりました。
10

2日目
 期待通り早朝は快晴です。喜び勇んで玉乃窪山荘を出発しました。
11

 木曽駒山頂に到着。空木岳(左)と南駒ヶ岳(右)。両方ともかっこいい。
12

 北アルプスも南アルプスも見えましたが、光の加減なのか、八ヶ岳がいちばんきれいに撮影できました。
13

 展望を堪能してから山頂を後にして宝剣岳に登りました。槍の穂先のような山頂には鎖場を通過する必要がありますが、岩場よりも人が多くてたいへん。それでもなんとか山頂に至って、千畳敷カールを眺めることができました。朝日を反射して光っているのは剣ヶ池です。
14

 たくさんの人が歩いている宝剣山荘から濃ヶ池に至る山道に入ると突然静かになります。紅葉のカールの底や樹林を横切って歩いていきます。稜線の風がなくなると暑いくらいの気温です。
15

 濃ヶ池に到着。だいぶ水は少ないですが、いちおう池の姿は保っています。周囲の木々は赤や黄色に染まっています。
16

 Yさんが源流探索に出かけました。報告によると、池の水は紅葉の木々のあたりから湧いているとのことです。
17

 先ほど登ってきた宝剣岳が濃ヶ池の水に写っています。
18

 離れがたい庭園のような濃ヶ池を後にして再び稜線歩きに戻ります。最後のピークの将棋頭山に登頂しました。足下に西駒山荘が見えます。そして伊那谷の向こうは南アルプス北部の山々。どこから見てもかっこいい甲斐駒があり、その右側に、仙丈岳、北岳と連なっています。
19

 森林限界上の稜線散歩を終了して標高差約600mを下り、大樽小屋に戻ってきました。自転車を回収して、次の楽しみは下りです。
20

 小屋からあっというまに馬返しに到着。今回の第二のハイライトである権兵衛峠までの道が看板で解説されています。歩いて3時間ぐらい。自転車に乗れればそれよりも短くなると期待します。
21

 ところがどっこい、1927mのピークを過ぎたあたりから笹薮がひどくなり、その先で尾根が北側に向きを変えるあたりからヤブはさらに濃くなってきて、自転車がひどく邪魔になってしまいました。制限時間が迫ってきていることもあり、あきらめて、来た道を引き返すことに決定。馬返しに1時間後に再び戻ってくる羽目になってしまいました。ヤブの中でYさんが撮影した写真です。赤い点が私のザックだそうです。
22

 あまり乗れない山道を林道まで下りましたが、奈良井林道は長いダートで紅葉を愛でながら快適に下ることができました。午後3時前にゲートに到着。なんとか帰れる時間に下山してくることができました。
23

 天候を見定めて決行したので、二日間とも天気には恵まれました。予想外に気温が高く、寒さに震えることなく紅葉を楽しみながら歩いたり走ったりすることができました。
 権兵衛峠への稜線はまったく自転車向きではありませんでしたが、まぁ、これはご愛敬です。長い林道の下りで自転車の威力を発揮できたので満足です。
 と、ここまでは良かったのですが帰宅して寝ている間に右足膝が腫れあがってしまいました。病院に行って検査してもらったところ、幸いに骨には異常はありませんでした。下りで膝を酷使したからかもしれません。昨年の夏に早川尾根に行って鳳凰三山から下った時は、左太ももの強烈な筋肉痛に襲われてしまいました。この時もあまりの痛さに病院に行きましたが、骨や関節炎ではなく単なる筋肉痛ということでした。いずれも歳のせいでしょうか......。
(昨年の太もも筋肉痛の記録はここ)

|

« 2017年10月1日 御池岳 | トップページ | 2017年10月21日 茨川廃村探索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/65909220

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年10月8、9日 木曽駒ヶ岳:

« 2017年10月1日 御池岳 | トップページ | 2017年10月21日 茨川廃村探索 »