« 2016年5月22日 つつじの日光 | トップページ | 2016年5月31日-6月5日 アメリカシリコンバレー周辺 »

2016/06/06

2016年5月28日 再び扇山

 昨年の10月に行って以来(10月の記録はここ)4回目になる扇山です。今回のメンバーはTさんに加えてKさん。最近、フルサスバイクを手に入れて絶好調のTさんと以前からフルサスバイクのKさんの対決になりました。まず、鳥沢駅でそれぞれの武器の中身を点検中。どちらもカーボンで軽い。
Photo

 扇山は4回目ですが登りのコースは毎回ちがいます。今回はTさん推奨の登り口です。鳥沢駅から舗装路を登って登り口にたどり着きました。舗装路の登りが多いほうが自転車の場合は標高を稼ぎやすい。
Photo_2

 ちょっと担ぎが強いられる部分。Tさんの最新フルサスバイクは、サドルの先端を肩に乗せる方式。Kさんの軽量フルサスバイクはダウンチューブを肩に乗っけてしまう方式。そもそもバイクが軽いからこんなことができるんですね。
Photo_3

 稜線に到着。途中に水場もあって、4回目にして一番よい登頂ルートに出会うことができました。ここから少しだけ担ぎ上げがありますが山頂はもうすぐです。
Photo_5

 山頂近くにこんなに乗って登れる道が現れます。
Photo_6

 山頂からの下りは定番の素晴らしいコース。でも、、自分の自転車がフルサスだったらどうだろう??と考えながら走っていたためか、今までよりも段差が気になってしまいました。
Photo_7

 後半はつづら折れのタイトターンが連続しますが、下手なわたしでも乗車したままなんとか通過できるギリギリの面白さがあります。フルサスだったらもっと容易???
Photo_8


 最後は懸案だった鳥沢駅近くの食堂でちょっと遅めの昼食。生ビールとかつ丼で満足。(懸案だった理由はここ)
Photo_9

 新築になった鳥沢駅はトイレがないということで新聞ネタにもなるくらい不評のようです。近くの学校に駅を利用する人のための、「臨時トイレ」が設置されていました。
Photo_10

 雲が多い天気が幸いして、あまり暑くないコンディションで登り下ってくることができました。このぐらいの標高の山はそろそろシーズン終了のようです。このところ、山に行くといつもフルサスバイクの威力を見せつけられますが、今回、26インチと27.5インチのフルサスバイクが参戦したおかげで、タイヤサイズの違いもありそうだということが分かりました。もう少し担ぎ安ければいいんだけどねー。

|

« 2016年5月22日 つつじの日光 | トップページ | 2016年5月31日-6月5日 アメリカシリコンバレー周辺 »

コメント

担ぎやすさを優先するなら27.5インチのハードテイルにしてみたらいかがでしょうか。
26インチにこだわって一生分のパーツを買って置くというのもどうかと思います。長い物には巻かれましょう。(笑)

投稿: Tさん | 2016/06/09 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/63737991

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年5月28日 再び扇山:

« 2016年5月22日 つつじの日光 | トップページ | 2016年5月31日-6月5日 アメリカシリコンバレー周辺 »