« 2016年5月5日 セーメーバン | トップページ | 2016年5月16日 八溝山再び »

2016/05/10

2016年5月8日 八溝山

 「行楽日和」の天気予報に誘われて、連休の最終日に八溝山に行ってきました。茨城県内の鉄道乗り放題になるときわ路パスを利用して、水郡線の茨城県内最北駅の下野宮駅まで輪行します。
 名所案内には、バスの便あり、と書いてありますが、バス停をチェックすると日曜日祝日は運休でした。
01


 田植えが真っ盛りの農村をゆっくり登っていくと、手作りの日輪寺の標識があります。その方面に登っていきます。
02

 登りが急になってくる手前にあつらえたように清水あり。ここで十分な水の補給しました。
03

 日陰は涼しいけれど日差しの中は夏のような暑さで、喘ぎながら登っていきます。
04

 日輪寺への分岐には山桜が咲いていました。
05

 なんとか3時間を切って山頂に到着。お城の形の展望台。昔は有料だったようですが、今は無料。
06

 展望台から山頂を見下ろしました。
07

 山頂の舗装路から、いきなり山道に入れます。今回は棚倉町大梅に下る予定です。
08

 快適な山道。
09

 茗荷と大梅の分岐に到達。大梅を目指しましたが、途中で笹の中に踏みあとが消えてしまいました。しばらく探しましたが踏みあとは見つからず。大梅まではまだ距離があるので、今回は茗荷に下って大梅は次の機会に挑戦することに決定。
10

 茗荷川への下りは途中までは快適でしたが、沢に向かって下り始めると乗れなくなってしまいました。沢に降り立つと「ふくしまの遊歩道50選」の看板あり。しかし沢沿いの道はやや荒れていて、遊歩道に選ばれたものの、あまり手入れはされていないようでした。やがて、茗荷川沿いの林道に出てあとはダート林道を淡々と下って、矢祭町に下りました。
11

 駅前にある矢祭山公園では、連休らしくお祭りをやって、意外に人でにぎわっていました。さすが、連休です。
12

 きれいな駅舎の矢祭山駅から輪行で帰りました。
13

 下山してからGPSログをチェックすると、踏みあとが消えたあたりは完全に異なる尾根を下っていくところでした。どうも、ヤブを突破していかなければならないところがありそうです。秋のときわ路パスシーズンに再挑戦します。

|

« 2016年5月5日 セーメーバン | トップページ | 2016年5月16日 八溝山再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/63610946

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年5月8日 八溝山:

« 2016年5月5日 セーメーバン | トップページ | 2016年5月16日 八溝山再び »