« 2016年4月30日、5月1日 東吾妻MTB道普請 | トップページ | 2016年5月8日 八溝山 »

2016/05/07

2016年5月5日 セーメーバン

 快晴が約束された子供の日に、Yさんと二人で山に行ってきました。セーメーバンをめぐる山道です。猿橋駅に集合して奈良子林道を登ります。
01

 新緑で気を紛らわせながら黙々と林道を登っていくと、舟窪林道が分岐します。舗装が切れてダートになり、少し押しも入りました。
02

 金山峠に入る山道の入り口に到着。駅から約2時間の登りでした。
03

 峠への登りは穏やかで、自転車を押していく事ができます。乗れるところもあり。
04

 新緑の明るい疎林の中を大岱山を目指します。
05

 大岱山からセーメーバン、そしてサクラ沢峠に至る道は、乗車率が高くて楽しい道です。
06

 腕がたつYさんは急斜面やヘアピンカーブも果敢に挑戦。どんどんクリアするのですごい。うまい人と行くと自分も上達できるような気がします。
07

 前回はパスした笹平から稚児落としの道に、今回は行ってみました。(前回の記録はここ)笹平に向かう道から、担ぎや痩せ尾根が現れたりして、下りに不安が膨らみます。笹平の手前にある細い尾根は富士山の展望台になっていました。
08

 笹平から稚児落としまでは倒木がうるさいものの乗って下れる道でした。稚児落としというのは、岩殿山と同じような岩壁です。
09

 稚児落としを覗きながら慎重に歩きます。
10

 ここから、最終人家までほとんど乗れない道でした。木の根が張った急斜面で自転車を押しながら下るだけでも大汗をかいてしまいました。笹平コースは自転車には不向でした。Yさんによるとセーメーバンから南東に下る尾根のほうが良かったとのこと。今度はここに行ってみましょう。ヤブが少なくなる今秋以降に予定します。

 早朝に出発したおかげで大月駅には午後1時ごろに到着。ロードツーリングでYさんが贔屓にしているという「超」大衆食堂でお昼を食べてから解散。疲れたけれど充実した一日でした。

|

« 2016年4月30日、5月1日 東吾妻MTB道普請 | トップページ | 2016年5月8日 八溝山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/63594789

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年5月5日 セーメーバン:

« 2016年4月30日、5月1日 東吾妻MTB道普請 | トップページ | 2016年5月8日 八溝山 »