« 2016年2月11日 百蔵山から扇山 | トップページ | 2016年3月26日 高峰と雨巻山 »

2016/02/22

2016年2月21日 高峰と雨巻山

 雪がなさそうなので、久しぶりに茨城の低山巡りです。MTBコースがあることで(一部で)有名な高峰の麓にやってきました。昨日までの雨が上がり、雲が上がってきています。
01

 高峰の西の肩を越える県道を登ります。梅が咲いています。この辺りは山桜も有名みたい。
02

 県道を登っていくと第二展望台に到着。加波山が真正面に、その向こうに筑波山。低山とは思えない迫力です。
03

 県道の峠に到着するとMTBコースが交差します。「MTBコース立入禁止」の立て札があります。時々見かける「MTB進入禁止」の立て札とは逆です。
04

 高峰に向かう尾根にはこのMTBコースしかない部分があり、登っていくためにはどうしてもこのコースを歩かざるを得ません。雨上がりの早朝なので下ってくるMTBライダーは居ないだろうということで、MTBを押して登っていきました。途中から、登山道が合流。こちらを押して登っていきました。高峰山頂直下から北側に下る林道を発見。これを下ります。かなり急な部分があるものの、ふもとまでダートで一気に下れました。

05

 林道から、栃木県深沢の集落を下ります。中深沢付近に「西 上大羽」と書いた石標があり、ここから西側の尾根に登る道に入りました。だんだんと急な林道になってきました。登山には使われていない、林業のための伐採林道のようです。
06

 最後は急なヤブを強引に登って雨巻山と足尾山の間のコルに出ました。「猪転げ坂」を担いで登って雨巻山山頂にお昼に到着。中高年グループが楽しそうにくつろいでいます。その中の一員となってお昼休憩。
07

 下りは茨城県の門毛に下る道。ノンストップの快適な道である凍坂に下る道は今回は見送り、県境の西に延びる尾根をたどってから門毛に下る道を下ってみました。
08

 茨城県側に入ると倒木が多く、整備が必要。でも、まあまあの乗車率で里に下ってくることができました。
09

 雨巻山は約5年ぶり(5年前の記録はここ)
この季節は、雪の心配なく楽しめる里山はのんびりしていていい感じでした。深沢から登る道の最後のヤブ漕ぎさえ解決できれば、気持ちが良い周回コースになりそうです。もう少し探索してみましょう。

|

« 2016年2月11日 百蔵山から扇山 | トップページ | 2016年3月26日 高峰と雨巻山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/63250425

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年2月21日 高峰と雨巻山:

« 2016年2月11日 百蔵山から扇山 | トップページ | 2016年3月26日 高峰と雨巻山 »