« 2015年8月1日雨乞岳 | トップページ | 2015年8月22-23日夏沢峠から天狗岳 »

2015/08/09

2015年8月8日鉢伏山

 三週間連続で土曜日の阿佐ヶ谷始発中央線で出かけてきました。今回の目的地は鉢伏山。山と高原の地図などの登山ガイドにはほとんど登場しない山ですが、それは山頂直下まで車道が通じているからでしょう。でも下りのシングルトラックさえあれば、自転車にとっては好都合です。調べて見ると、扉温泉に下る道があります。乗車率不明ながら行ってみることにしました。
 結果は大正解。静かな山を楽しむことができました。

 出発はみどり湖駅。無人駅ですが、辰野を通らない中央線のルートの開通と当時にできた駅なので、比較的新しく、といっても30年以上前のようですが、風情はありません。
01

 駅から国道20号線を経由して、高ボッチ方面に登る道に入ります。交通量がぐっと減って静かに登っていきます。先週よりは多少涼しいようですが、それでも汗はたっぷりかかされます。
02

 高ボッチ高原に到着。ここは全国で一番高い標高で草競馬が行われるとのこと。実は先週に開催されたそうです。今日は閑散としています。
03

 雲が晴れてきて明るい草原になってきました。ちょっと雲がかかっていますが北アルプスが見えます。穂高から槍ヶ岳のあたり。
04

 高ボッチを超えて鉢伏山に向かう舗装路、鉢伏林道をたどります。高ボッチから軽く下ってしばらく平坦な道を走っていくと、標高1610mの水準点付近から登りになります。鉢伏山付近は高い木々がなく、草原になっているので、すごく開放感があります。
05

 鉢伏山荘で休憩して、山荘の方々に道の様子などを伺い、水を頂いて出発。山荘からすぐのところに扉温泉に至る道の分岐があります。向こうには美ヶ原。6年前の夏に舗装路中心ですが、走ったところです。(6年前の記録はここ)
06

 鉢伏山山頂には15分ほどの登りで到着。南アルプス方面は見えませんが、北アルプス方面は見え隠れしています。
07

 登ってきた鉢伏林道を山頂からみると、高度感たっぷりです。背景の松本盆地が暑そう。下りたくなーい。
08

 涼しい風に吹かれていたい気持ちを抑えて、扉温泉への道に入ります。タイトターンが多いものの、路面が良くて乗車していけるところがかなりあります。
09

 国土地理院地図に記載されている点線とは異なり、山荘近くのコルから北東に下る尾根上に道はついていました。タイトターンを繰り返して沢に降り立ちました。沢沿いの道はたいてい石がごろごろしていて乗車できないことが多いのですが、この道は驚異的に乗車率が高い。よく整備されていることもありますが、路面に石や木の根が出ているところが少ないのです。
10

 本流の沢沿いから離れて穏やかなせせらぎ沿いのところもあります。なんか、理想的なトレイルです。
11

 鉢伏山から一時間で扉温泉まで下ってきてしまいました。明神館という高級そうな宿です。しばらく日陰で休ませてもらい、意を決して暑そうな松本盆地に下っていきました。
12

 予想外にすばらしいシングルトラックを楽しむことができました。しかも、ほとんどハイカーや登山者がいません。おそらく、ガイドブックにほとんど紹介されていないためでしょう。今回は残念ながら南側の眺望がありませんでしたが、快晴であれば富士山、南アルプスから北アルプス、そして、美ヶ原と蓼科までのパノラマが見られるはずです。穴場といってもよいところだと思います。鉢伏山荘は水場もあり、宿泊できるようです。山頂から夜景もよさそうなので、一泊するものありかもしれません。

|

« 2015年8月1日雨乞岳 | トップページ | 2015年8月22-23日夏沢峠から天狗岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/62048274

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年8月8日鉢伏山:

« 2015年8月1日雨乞岳 | トップページ | 2015年8月22-23日夏沢峠から天狗岳 »