« 2014年7月27、28日 南八ヶ岳 | トップページ | 2014年9月14、15日 鳳凰山(地蔵岳、観音岳) »

2014/09/09

2014年9月6、7日 徳本峠

天気が悪い夏のせいで8月は全然山に行けないまま、夏の青春18キップ最後の週末になってしまいました。幸いに6日は長野県の天気がよさそう。予約してある5日夜のムーンライト信州を使って徳本峠に行くことにしました。徳本峠小屋に早めに到着してゆっくりする予定です。

一日目
松本駅からムーンライト信州に接続する快速で新島々に午前5時過ぎに到着。予報どおりに天気はまずまずです。
01

国道を少し走って島々宿から、島々谷に入ります。標高差約1400m強の登りの始まりです。
02

始まりはダートの林道。水溜りが多いですが、傾斜はほどほどで快調に登っていけます。
03

南沢と北沢に分岐する二俣に到着。水溜りについていた新しい自転車のタイヤ跡は、先行していた二名の釣り人のものでした。ここから渓流釣りに入っていくそうです。
04

伝統の徳本峠越えということで、道はしっかりと整備されていて鋼鉄製に橋が架かっていたりします。
やっと島々谷にも朝日が差してきました。
05

二俣から岩魚留小屋までは傾斜はそれほどきつくなく、沢沿いにもかかわらず乗っていける部分もあります。ここは良い部分。
06

しかし、沢沿いの道なので小沢をトラバースする箇所ではこのようにザレているところもあり、自転車に快適な道ばかりとはとてもいえません。でも慎重に歩けば危険ではありません。
07

予想よりも早く岩魚留小屋に到着。廃屋となっている小屋ですが、峠道のアクセントとして保存しておきたい雰囲気があります。
08

沢沿いの道が傾斜を増してきて、本谷から離れて尾根をトラバースして峠沢に入ったところにあるちから水。これが小屋までの最終水場です。峠の小屋には流水はありません。ここから、つづら折れの登りで、雁坂峠を思い出しましたが、こちらのほうが押しでいける部分が多かったような印象でした。
09

徳本峠に12時半に到着。これは早い!
10

霞沢岳方面に行くなどという殊勝な気持ちがちょっとだけわきましたが、担ぎ上げた泡系飲み物を冷やしたらそんな気持ちは霞と消えてしまいました。小屋から45秒の「てんぼう台」から穂高連峰を眺めながら乾杯です。
11

小屋の主人によると、やはり今年は天気が悪くてお客さんが少なかったとのこと。今晩は天気が良いので20人程度の予約が入っているそうです。
だんだん人が集ってきて、小屋の前のベンチでは中高年中心の宴会がたけなわとなってきました。マイナー勢力の自炊組みは末席で調理。
12_3

二日目
夜中に雨の音で目が覚めました。午前4時半に起床。まだ雨が降っていますが、小降りになってきたので夜が明けてすぐに出発。テント場はまだ静まり返っていました。
13

明神への下りはまあまあの乗車率。上高地の歩道に出るまでは乗って下ることができますが、上高地歩道は自転車は押していく約束になっています。
14

雨はすっかり上がりました。明神から河童橋への道はたくさんの登山者が歩いていて、やはり自転車を乗って下れるような状況ではありません。素直に自転車は押して、上高地らしい沿道の風景を眺めながら歩きました。
15

河童橋からは岳沢の下部だけが望めました。
16

新島々まで自走で下ります。大正池にやってきたときに、雲が晴れてきて青空が見え始めました。さすがに天下の上高地だけあって、快晴ではなくても絵になります。
17

釜トンネル入口。自転車でトンネルを走るのは恐怖感がありますが、釜トンネルは傾斜が急でしかも曲がりくねっているので絶対に登りたくない。もちろん、今回は下りなので安心。それでも、トンネル内で背後から迫ってくる自動車にはビクビクしてしまいます。
18

釜トンネルを抜けてもトンネルがまだまだたくさんあります。下り基調なのでまだマシとはいいながら、1km近くあるトンネルを恐怖感に追い立てられながら駆け抜けていくはかなりの消耗でした。
沢渡まで降りてきたらだいぶ天気が良くなってきました。
19

奈川度ダムで休憩。
20

さらに水殿、稲核とダムを通過すると、昨日の朝に通過した島々宿に下っていくことができました。新島々に午前9時半ごろに到着。出発が早かったので到着も早いです。でも、すでに今日だけで40kmぐらいは走りました。けっこう疲れた。
例年のとおり、延々と普通電車を乗り継いで帰宅しました。


|

« 2014年7月27、28日 南八ヶ岳 | トップページ | 2014年9月14、15日 鳳凰山(地蔵岳、観音岳) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/60285411

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年9月6、7日 徳本峠:

« 2014年7月27、28日 南八ヶ岳 | トップページ | 2014年9月14、15日 鳳凰山(地蔵岳、観音岳) »