« 2014年9月14、15日 鳳凰山(地蔵岳、観音岳) | トップページ | 2014年10月4日 雁峠、将監峠 »

2014/09/27

2014年9月23日 大岳山から金毘羅尾根

秋分の日が好天になるとの予報で、突発的に奥多摩の定番コースに行ってみることにしました。突発にもかかわらず、TさんとKさんが途中からの合流参加を表明してくれました。
定番コースといいながら、自分自身は二回目。たまにはしっかり乗れるコースにいかないと、どんどん山登りの世界に入っていってしまいそうなのです。

阿佐ヶ谷始発で奥多摩駅に午前6時半に到着。青空です。今年は8月が終わったと思ったら残暑がなくてすぐに秋になってしまいました。
01

鋸山林道を登っていきます。秋を感じていたけど、すこし湿度が高いみたい。もやっとしています。
02

大ダワから山道に入って大岳山に向かいます。登り基調ですが、乗れるところもあり。担ぎもあり。朝が早いせいか、人はぜんぜんいません。
03

大岳山に到着。頂上直下は岩がちで担ぎが入りましたが、展望に報われます。三頭山が正面に見えます。
04

大岳山から御岳山に向けて下っていくと鳥居があります。大岳山から人が急に増えてきました。
05

大岳山からしばらくは、人が多いこともありますが、そもそも岩場が多くてあまり乗れませんでした。鍋割山には行かずに芥場峠を経由する道をたどったところ、こちらは乗っていける良い道でした。しかし、人がたくさん歩いていてほとんど乗れません。時間を選んで来るとよいかも。あまりに下るので心配になりましたが、無事に御岳神社の入口に到着。ここは舗装された参道で、下界とあまり変わりません。たくさんの人が登ってきます。
06

ケーブルカー輪行してきたKさんと合流。人が多いので日の出山方面に下ると、つるつる温泉方面の激坂林道から登ってきたTさんとも合流しました。無事の合流を祝して日の出山で休憩。自転車はデポして山頂に行きましたが、展望はガスっぽくていまいち。山頂直下のベンチで昼食休憩にしました。
07

金毘羅尾根の下山開始。広く伐採されて登山道がむき出しになり、路面が以前より荒れてきているそうです。激坂林道はここに直登しています。
08

金毘羅尾根は長いので登ってくる人は少ないのですが、秋晴れの今日はさすがに多いようです。もちろん、自転車は降りて行き違います。
09

すばらしい!乗車して下っていける道。ひさしぶりにMTBの威力を発揮できました。
10

金毘羅神社で大休憩。もう里はすぐそこです。
11

駅近くまで山道が続くのが素晴らしい。金毘羅山は「まき道」を行くのがよさそうでした。
12

無事に武蔵五日市駅に到着。我々以外にも、ロードやツーリング車で輪行準備をしていうる人たちがいました。私たちだけでなく、多くの人たちが早めの秋の一日を楽しむことができたようです。
13

天気に恵まれなかった夏の分を、この秋に取り返したい。

|

« 2014年9月14、15日 鳳凰山(地蔵岳、観音岳) | トップページ | 2014年10月4日 雁峠、将監峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/60383005

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年9月23日 大岳山から金毘羅尾根:

« 2014年9月14、15日 鳳凰山(地蔵岳、観音岳) | トップページ | 2014年10月4日 雁峠、将監峠 »