« 2014年7月12日 明神ヶ岳 | トップページ | 2014年9月6、7日 徳本峠 »

2014/08/03

2014年7月27、28日 南八ヶ岳

夏の青春18キップのシーズンになりました。26日夜のムーンライト信州で八ヶ岳の山めぐりに行ってきました。自転車よりも登山が主ということで、SPDはやめてフラットペダルに交換。クリートがない登山靴は岩場でも滑らずに安心。

夜の新宿駅に電車が入ってきました。鉄系の人たちが集って撮影中。
01

茅野駅を午前5時に出発。充電していたつもりのデジカメが、電池切れで死んでしまいました。カメラは不調でしたが、登りは快調で桜平に2時間で到着。涼しいとらくです。八ヶ岳の上部はガスの中。オーレン小屋では、ご主人に稜線は風が強くてだめだよ、と言われます。自転車は夏沢峠にデポしていくから大丈夫というと、空身でも危ないといわれました。
硫黄岳に登っていくと確かに風が強い。ガスの中で視界も悪いので赤岳鉱泉に下ることに決定。下っていくと雨が降り出しました。お昼前に赤岳鉱泉に入ると、途端に土砂降りになりました。よかった。もうここで滞在を決定。お昼を食べてから昼寝。午後2時から入れる鉱泉に入って汗を流して着替えるとサッパリします。天気は悪いものの涼しくて、このところの関東地方のうだる暑さから比べると天国です。夕方には雨も上がりました。
午前中にヘリが飛んでいましたが、どうやら遭難があったらしい。帰ってから調べたら転落による死亡遭難事故が起こってしまったようです。合掌。

次の日は快晴の朝。やはり、夏山シーズンスタートなのでしょう。快調に硫黄岳に登りかえすと、赤岳や阿弥陀岳が朝日を浴びて美しい。iPodにカメラが付いていることを思い出して撮影。でもやっぱりデジカメにはまったくかないませんでした。
02_6

月曜日というのに人はたくさんいます。横岳を登っていると団体がやってきました。八ヶ岳は稜線にもたくさん山小屋があるので、早朝から人出が多い。
03_2

横岳の山頂を踏んでから夏沢峠に戻ることにしました。佐久側からガスが昇ってきました。でも、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、北アルプス、そして北八ヶ岳方面の眺望は大丈夫。ぽっこりとした蓼科山が見えています。
04_2

夏沢峠で自転車を回収して佐久方面に下ります。本沢温泉に午前9時半ごろに到着。静かです。
05_2

標高2100mの本沢温泉から標高1100mの稲子地区までダートを一気に下ります。ここまで下ってくると晴れています。ガスは八ヶ岳上部の佐久側だけにかかっていたのでした。ここまで下ってきてもまだ涼しい。
06

海尻駅からいつものように普通電車を乗りついで帰宅しました。

|

« 2014年7月12日 明神ヶ岳 | トップページ | 2014年9月6、7日 徳本峠 »

コメント

夏沢峠懐かしいですね。
以前皆で登ったのは2006年だったかな。
あれから8年ですか・・月日が経つのは早いです。私も50代になりました。
いつかまたあの時のように、ワイワイ言いながらオーレン小屋に泊まりたいですね。

投稿: りすけ | 2014/08/07 16:28

あれはね、2005年の10月でした。いまや、60代の人もいますからね。
でも、中高年登山者が多いから、またみんなで泊まってもぜんぜん目立たないでしょう。また、秋にいきましょうか。

投稿: Zen | 2014/08/09 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/60089352

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月27、28日 南八ヶ岳:

« 2014年7月12日 明神ヶ岳 | トップページ | 2014年9月6、7日 徳本峠 »