« 2014年6月21日 奥武蔵 | トップページ | 2014年7月27、28日 南八ヶ岳 »

2014/07/18

2014年7月12日 明神ヶ岳

梅雨明けはまだですが、この週末は天気がよいということで出かけることにしました。気温が上がるという予報だったので、標高が高いところも考えましたが、今冬に行きそびれた箱根の明神ヶ岳に行くことにしました。

新松田駅に午前7時前に到着。駅前からは、西丹沢方面だけでなく富士山五合目行きのバスも出ていて、登山者が列を作っています。みなさん梅雨の晴れ間を狙って来ています。
01

酒匂川沿いの自転車専用道を走り、運動公園の隣から広域農道に入ります。気温が高くて汗が吹き出します。狩川沿いの林道は木陰があって助かりますが、なぜか調子が今いち。帰ろうかと思いながらも、足は回り休み休みながらも登って行きました。
02

やっと稜線が見えてきました。
03

ついに金時隋道に到着。新松田駅からなんと2時間40分もかかってしまいました。
04

疲れきって気持ちが萎えているにもかかわらず、足は矢倉沢峠に向かって動いていきます。さらに明神ヶ岳方面に登って行きました。峠の向こうに金時山がそびえています。
05

休み休み登っていくと、相模湾がかすんで見えてきました。
06

やっとのことで明神ヶ岳山頂に到着。矢倉沢峠から2時間15分ぐらいかかりました。よれよれだったので、だいぶ時間がかかったと思っていましたが、後から調べるとほぼコースタイムでした。それにしても暑くて参った。
07

山頂は多くのハイカーがなごんでいます。
08

当初の計画は明星ヶ岳に縦走して小田原まで行く予定でしたが、こんなにバテバテではとてもそんな気は起きません。地図をチェックして乗車できそうな斜面がある最乗寺に下る道を選択しました。快適そうな道が現れました。
09_2

途中に朽ちたリフトの支柱があります。これも下山してから調べたところでは、観光のために作りかけて未完のままで終わってしまった残骸らしい。
10

リフト沿いの道は快適に下れる道です。
11

実際には、乗車できないセクションも多い。救いは、乗れるところはわりと連続しているところ。林道を二回横切りますが、あまりに乗れないので二回目のダート林道を走って下りました。
12

里に出たところで改めて地図で現在地を確認。最寄の小田急線は栢山駅でした。舗装路を走り午後3時半ごろに駅に到着。
13

疲れきりましたが、充実感はありました。ノロノロと輪行準備をして冷房が効いた電車で帰りました。
こんなに暑さでバテてしまうようでは、今夏の計画が心配です。矢倉沢峠への登坂速度を確認すると、今までに比べて圧倒的に遅いということでもなかったので少し安心。この5月から始めたトレーニングをしっかりやって、がんばりますか。

|

« 2014年6月21日 奥武蔵 | トップページ | 2014年7月27、28日 南八ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/60001207

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月12日 明神ヶ岳:

« 2014年6月21日 奥武蔵 | トップページ | 2014年7月27、28日 南八ヶ岳 »