« 2013/5/18市道山臼杵山グミ尾根 | トップページ | 2013/6/8伊豆ヶ岳から仁田山峠 »

2013/06/05

2013/6/1仙元峠から浦山

奥多摩の仙元峠を越えて秩父に下るルートに行ってきました。
通いなれた川乗林道を登ります。入梅したけれど、すぐにつゆの中休みとなりよい天気です。
01

朝食を食べずに奥多摩駅から走り出したので、川乗林道の途中にある。水場で大休止して朝食を摂りました。地元と思われるおじいさん二人が軽トラで登ってきて、この水を汲んで降りていきました。地元で評判の名水かもしれません。
02

林道から山道に入り、押し担ぎで約1時間登ると鳥戸屋尾根に出ました。ここから一杯水方面の巻き道には土砂の堆積があるという注意書きが貼られています。
03

行ってみるとたいしたことはなく、問題なく巻き道を通過することができました。この道は歩く人が多いので、すぐに踏み固められるのでしょう。
04

仙元峠はピークになっています。東側からの登り口はちょっと急に見えたので、西側の肩から登ってみました。
05

早めの昼食を食べてから仙元尾根の下降を開始します。急斜面ですがなんとか乗れるところもあり。
06

ロープが垂らされている露岩の急斜面もあり。
07

明治神宮の土地と思われる注意書き看板が出てきました。ネットで調査すると、どうやら神宮補修用の木を育てている場所だそうです。ホントかなー。
08

送電線がやってくると乗車率が上がってきました。特に57番から60番の鉄塔までは快適でした。
09

最後は急斜面にジグザグにつけられた階段道をくだって大日堂に到着。まあまあの乗車率でした。
10

大日堂からまっすぐに浦山口には下らずに、林道大神楽線を登り、武士平、茶平、日向、大谷を結ぶ旧道に入っていきました。
まずは林道の登りからスタート。
11

武士平から山道になり、尾根を乗り越す峠状の場所には石仏があって、旧道らしい雰囲気です。
12

まあまあの乗車率です。
13

日向集落に近づくと、離農して廃屋が点在している森を抜けます。むかしは人が生活していたと思われる森の中の広場に、日が差し込んでいます。
14

人家が出てくると細いながら道は舗装され、大谷集落で秩父さくら湖に出ました。
15

浦山川沿いの舗装路を駆け下り、国道を浦山口から西武秩父まで走り、西武線の輪行で帰路につきました。
展望がほとんど得られないコースでしたが、奥多摩から秩父に抜けるという山旅的満足感を得ることができました。浦山川沿いの旧道は廃屋が多くて、ちょっと悲しい気持ちにもなりました。

|

« 2013/5/18市道山臼杵山グミ尾根 | トップページ | 2013/6/8伊豆ヶ岳から仁田山峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/57532742

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/6/1仙元峠から浦山:

« 2013/5/18市道山臼杵山グミ尾根 | トップページ | 2013/6/8伊豆ヶ岳から仁田山峠 »