« 12/04/15ガーラ湯沢新幹線スキー | トップページ | 2012/05/01かぐらスキー »

2012/04/30

2012/04/28-29上州地酒ライド

 今年もやってきました上州地酒ライド。今回はナタやノコを持ってくるようにという指令あり。どうやら道普請で新たなコースを整備して、いずれは町おこしにつなげたいという壮大なプランの端緒らしい。おもしろそう。

 今回は史上最多の14名が参加。快晴に恵まれました。出発時にはとれとれ方式の地図が配られて、コースの予習をしてから出発。
01

 一日目は三つの周回コースを整備しながら走るということで、まず第一のループに入ります。桜が満開。
02

 舗装からダートになり、最初の下りに入ります。
03

 登りかえすと水仙の畑に出ました。ホントは水仙畑の下に出る予定だったそうですが、花とおじさんと雪山の三段染めは春らしくて結構でした。
04

 いよいよ道普請開始。みんな張り切って倒木を処理します。人数が多いのであっという間にきれいになってしまいます。
05

 第二のループも、下り道への入口は満開の桜。牛小屋の横の道は、牛の生活臭たっぷり。
06

 太い倒木もよってたかって処理。どんどんきれいになります。
07

 第三のループの道普請も軽くこなして午後5時に終了。町の旅館で荷物を解いて、すぐそばにある温泉で汗を流し、ビール。のんびりと旅館にもどって、いよいよ地酒祭り。今回も大盛り上がりでした。

 二日目も晴天。今日は昨日よりも暑くなるらしい。でも、晴天に文句はありません。ありがたい。
08

 毎度のことながら、昨晩の地酒が残っていて、登りがつらい。道はダートになってよい雰囲気なのに。先を行く仲間の姿が小さくなっていきます。
09

 標高が上がってくると新芽の針葉樹林がきれいになってきました。
10

 倒木があると反射的に道普請してしまいます。
11

 いよいよ下り開始。
12

 シングルトラックの途中でお昼休み。ハイカーがくるような山ではないので、14人の大所帯でも周囲を気にする必要がありません。話はつきません。
13

 食後も楽しいシングルトラックが続きました。
14

 丸木橋を渡って前半終了。
15

 後半も快適な高速ダブルトラックからシングルトラックに入るという極上コース。最後は畑の横を走り抜けて終了。
16

 今回の山域は上州の北部だったためか、西上州の急斜面に張り付く集落を繋いで走るツーリングとはだいぶイメージが違いました。古い火山の広い裾野には、開拓農家が使っていた旧道が打ち捨てられていて、これらを整備するとMTBに最高の山道になるということなのでした。
 上州のみなさんが、こつこつと調査・整備した素晴らしい道を案内していただき、ありがとうございました。
 これが、MTBが町おこしにつながるとすごいぞ。できることあればやりますよ!

|

« 12/04/15ガーラ湯沢新幹線スキー | トップページ | 2012/05/01かぐらスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/54599199

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/04/28-29上州地酒ライド:

« 12/04/15ガーラ湯沢新幹線スキー | トップページ | 2012/05/01かぐらスキー »