« 12/01/28雪の奥武蔵 | トップページ | 12/02/11神立スキー »

2012/02/05

12/02/04狭山湖周辺

 寒波が続いて雪が融けません。奥多摩、奥武蔵とだんだん標高を下げて、ついに狭山丘陵を走ってみることにしました。実家から近いのもメリット。夜明けとともに走り出して、午後2時には戻ってきました。

 西武球場前駅からちょっと登るとすぐに狭山湖の堰堤です。奥多摩の山がこんなに良く見えるとは知らなかった。雲取山も見えるんです。
01

 狭山湖を反時計回りに走ります。柵にはさまれたダートです。狭山湖側は厳しくガードされていて入ることはできません。
02

 湖の反対側にはところどころにシングルトラックが分岐しています。入っていくと、住宅地が近いとは思えない静けさです。
03

 やっぱり日陰にはまだ雪が残っています。
04

 完全結氷の池もありました。早朝なので誰もいません。
05

 狭山湖を取り巻く尾根から下る道は尾根沿いに下り始めて、やがて谷地と呼ばれる谷間に降りていきます。谷地には湿原があったり、田圃が拓かれています。こういう谷地が狭山湖の外周を取り巻いているので、短いながらも谷地に下っていくシングルトラックはたくさんあります。展望がよい尾根道もありました。
06_2

 狭山湖の西端を回って方向が東向きになると、埼玉県から東京都に入ります。やがて、六道山の公園に出ました。やけに立派な展望台があります。
07

 尾根上のダートの道から分岐するシングルトラックを降りていくと、やはり谷地に出ます。東京都の側は南向きなので明るい。
08

 降りたり登ったりしながら少しずつ狭山湖沿いに回っていくと、運動公園にでました。この一帯は野山北六道山公園という、都立最大の里山だそうです。ベンチでちょっと早めの昼食にしました。
09

 多摩湖方面に入っていきます。こちらは山が低くなっているのでシングルトラックは期待できませんが、しつこく登ったり下ったりしていたら、おもしろいトンネルを発見しました。自転車用という赤坂トンネルです。早速くぐってみます。中にはちゃんと照明が点灯していました。
10

 ところがトンネルを抜けると突然道ははっきりしなくなり、柵で閉鎖されたトンネルで道が終わっていました。天気が良いからよいけれど、薄暗い天気だったらドキドキしてしまうような怪しさです。トンネルの横にある踏み跡を登り、最後はヤブをこいで、奥多摩湖自転車道に出ました。どうやらあのトンネルは多摩湖岸に出るので、水源地保護のために閉鎖しているようです。
11

 奥多摩湖自転車道を走り、多摩湖の堰堤に出ました。むかーしの遠足以来、久しぶりに見る多摩湖の取水塔です。日本一美しい取水塔と言われているそうです。たしかに凝っています。
12

 堰堤を渡って西武園ゴルフ場に飲み込まれそうになっている荒幡の富士に登ってみました。標高119m。所沢市民の公園になっていて、ちょっとですがダートの下りを楽しむことができました。
13

 狭山湖周辺のアップダウンは標高差100m以内なので、なんどでも登り下りできてしまいます。ただし、季節が良くなると、人も増えてくるでしょうから自転車は気をつけなければいけません。寒波続きのためでしょう、今回走った道には霜柱がたくさんありました。日中に暖かくなったら融けてドロドロになりそうです。寒い季節の早朝が最適かも。

|

« 12/01/28雪の奥武蔵 | トップページ | 12/02/11神立スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/53905836

この記事へのトラックバック一覧です: 12/02/04狭山湖周辺:

« 12/01/28雪の奥武蔵 | トップページ | 12/02/11神立スキー »