« 12/01/03房総の山道 | トップページ | 12/01/15都内ポタリング »

2012/01/09

12/01/07奥武蔵大霧山

 奥武蔵は実家から便利な西武線沿線ばかりを探索してきましたが、今回は西武線から少し離れた地域に行ってきました。始発の西武線で横瀬駅に到着。キンキンに冷えています。削りとられている武甲山が痛々しい。この山が都会の建造物に変わっているのでしょう。
01

 横瀬駅からは下り坂から始まるので、ますます凍えてしまいました。やっと登りになって体が暖まってきたところで定峰バス停に到着。
02

 定峰川は飛沫が凍っています。
03

 高篠峠の北側から登っているので、ずっと日陰です。雪も出てきました。でも登り坂のおかげでこのあたりではTシャツになっていました。
04

 峠に出ると日差しに恵まれましたが風が出てきて寒くなりました。ウィンドブレーカーを着て登ります。ここまで脱いだり着たりと忙しい。ゲートを越えて川木沢ノ頭に向かう道を登ります。青空が広がり気分良好。
05

 川木沢ノ頭には立派な電波塔があります。ここから山道に入ります。
06

 予想以上に乗車率が高くよい道です。体はすっかり暖まり、ごきげんの尾根道を楽しめます。
07

 階段とステンレスの手すりがついた急な下り坂が一箇所ありましたが、そのほかはほとんど乗って定峰峠に下ることができました。峠の茶屋のそばまで乗って下ったので、お茶屋さんのおばあさんを驚かせてしまいました。峠は静かです。
08

 ピークを2つ超えて旧定峰峠に出ました。車道がなく、いかにも「旧」峠らしいところです。ここまでも良好な乗車率でした。
09

 大霧山への登りはそれほどの急坂はなく、押していけました。右側に有刺鉄線の牧場柵が出てくると、乗っていけるところも出てきました。
10

 大霧山は展望がとてもよかった。冬型の気候なので、遠くの山は雪雲の中でしたが、浅間山は見えました。
11

 粥新田峠への下りは登ってくる人が多くて気を使いましたが、それでもかなり乗れて予想外におもしろい道でした。粥新田峠からは舗装路です。秩父牧場の中を走る道なので展望は良好。
12

 二本木峠で落ち葉の陽だまりを発見して、ここで昼食。風もなく暖かい。
13

 打出への下りは実は期待していました。中間に岩がちなところがあってちょっと乗車率は下がったけれど、林道にでても細かくショートカットするシングルトラックがあって最後の槻川を渡るところまで楽しめました。
14

 次は落合から細窪山を経由して官ノ倉山に行く計画。山と高原の地図では点線になっているので、だめかもしれないと思いながら登っていくと、やっぱり途中で藪の中に道は消えていってしまいました。
15

 実線の道がついている安戸からの登山道に転戦しました。コースタイムどおり30分で官ノ倉山に登頂。もう午後3時なので誰もいません。
16

 石尊山を経由して小川町に下りましたが、名前のとおり石が多くて、さらに鎖場まで出てきてしまい、まったく自転車では不適な道でした。ここまで予想外によい道が多かったので、このぐらいは良しとしましょう。次は安戸に下るプランがよさそうです。かなり乗れる道だということがわかったので、誰かを誘ってくることができそうです。

|

« 12/01/03房総の山道 | トップページ | 12/01/15都内ポタリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/53694294

この記事へのトラックバック一覧です: 12/01/07奥武蔵大霧山:

« 12/01/03房総の山道 | トップページ | 12/01/15都内ポタリング »