« 11/10/30-Frankfurt Deutschland (Germany) | トップページ | 11/11/23楽勝尾根下り »

2011/11/17

11/11/13クラブツーリング参加

 HVクラブツーリングにお誘いを受けました。コースはHVの重鎮のTさん十八番(オハコ)のk山。担ぎがきついけれど、頂上の景色とくだりの楽しさで報われる、という設定です。
 このところ、舗装路をのんびり走ったり、海外出張にかこつけて彷徨したりしていたので、体がなまっていていてちょっと厳しい担ぎの登りが心配です。

 新百合ヶ丘駅でHVのリーダーに拾ってもらいました。昔、この付近で自転車通勤をしていたのでなつかしい。快調に246号を走って無事に湖畔の公園に到着。ツーリングメンバー7名が集結しました。天気はよいし、季節外れの暖かさです。参加メンバーの平均年齢が高いらしいけれど、それはどうやらクラブの若者が担ぎを嫌っているらしい。
01

 林道を登っていきます。暖かいのですぐに暑くなりTシャツに脱皮。蛇も脱皮した直後のような姿で林道で寝ていました。もう11月も下旬というのに紅葉がやっと始まったというところ。
02

 林道の終点からいよいよ急な登山道の登りに入ります。ひなたにいると暑いくらい。これからの厳しい登りにもまたまた大汗をかいてしまいそうです。
03

 がんばって登っていきます。日陰の急登から尾根上に出て明るくなり一息つきます。しかし、この尾根も急登ヶ続きます。気をぬいてはいけません。
04

 稜線に出ればひと安心。眺望が期待できるHピークまでは、自転車は押していける道です。
05

 足がつりそうになりながらなんとかピークに到着。足がつるのは重鎮Tさんのトレードマークなので、それを奪わないようにがんばりました。出発したときは快晴だったのに、いつのまにか雲が出てきてしまい、富士山はみられませんでいした。
06

のんびりと休憩。
07

 くだりは快適。でも、この後の岩がごろごろしている箇所は、Tさんの道普請の力及ばず昨年よりも荒れていました。
08

 しかし、その後は再び乗って下れる道になって里に到着。私としてはなかなかよいコースだと再認識したのですが、HVクラブメンバーからは厳しい評価。ツーリングのコースリストの最下段になってしまうとのこと。私は重鎮Tさんのオハココースは好きですよ!こんどは、思い切って趣向を変えて、たくさんの食料を担いで避難小屋で忘年会して下るというのはどうですか?

|

« 11/10/30-Frankfurt Deutschland (Germany) | トップページ | 11/11/23楽勝尾根下り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/53253069

この記事へのトラックバック一覧です: 11/11/13クラブツーリング参加:

« 11/10/30-Frankfurt Deutschland (Germany) | トップページ | 11/11/23楽勝尾根下り »