« 11/09/23日光 | トップページ | 11/10/16 奥日光紅葉 »

2011/10/03

11/10/02上州むかし道下見

 上州の峠道エキスパートのYさんから、西上州ツアー実施のための下見に同行しないかと誘われました。即、参加!
 シロートではわからない道を走れるならば、道普請でもツアー客装ったシュミレーションでもなんでもやりますよ!

 ツアーの計画に倣って、複数の車を駆使した登り省略楽勝コースなのも大きな魅力です。車もうなりを上げて登る激坂の峠道を登って、目標のT峠の手前のY峠までやってきました。自転車で登ったら完全に押しが入っています。
01

 車のデポ地からすぐ林道の崩壊地に遭遇。崩壊地は完全にコンクリートで固められ、林道は別ルートに付け替え工事中。さっそく下見の成果があがりました。
02

 崩壊地から進むと、雰囲気のよいダート林道になります。
03

 林道から分岐している、不明瞭な登山道が下降開始点となるT峠に続いています。入口はエキスパートがいなければ見分けられません。
04t

 昭和40年代の隠れた名著「群馬の峠」によると、T峠は群馬県で150番目の最終の峠だそうです。
05

 T峠からしばらくトラバースの山道になりますが、崩壊地があったりして気は抜けません。ツアコンのYさんは安全なツアー実施のために、崩壊地を越えるための降りは口を赤テープで表示しました。
06

 崩壊地を越えてもしばらく担ぎや押しのトラバースが続きます。こんなところにツアー客を連れてきてもいいの?と思いますが、非日常経験でいいのかも。フルリジッドの超軽量バイクを軽々と担ぐYさんです。
07

 尾根に出ると快適に乗れる道になりました。林の中の笹原を下ると、先週の日光を思い出します。
08

 MK山を巻いた南面で昼食休憩。お湯を沸かして食べる暖かいラーメンがよい季節になりました。
09

 昼食後、再び快適に乗れる道を下ります。
10

 タイトターンなどを楽しんで下っていくとMK山頂から降りてくる道との合流点につきました。奇特な人が白テープに道案内を書いてくれていますが、風化が進んでいて判読困難なところがあり、エキスパートを中心にして地図を参照して現在地を確認しています。西上州では日常的な光景です。
11

 林道に出ました。この杉林は昭和29年に植樹したもので、地元の高校が守ってきたようです。
12

 ダート林道を下ると舗装路に合流します。舗装路はすでに離農してしまったI集落のために作られたものです。電気も電話もきているようですが、廃屋や放置された蕗畑があるだけでさびしい。その途中からT峠からH集落に下る山道が分岐しているのです。ここも、エキスパートにしかわからないポイントです。
13

 山道にはいると路傍にお地蔵さんがあって、昔の峠道だったことを示してくれています。お地蔵さんの周りを掃き清めるエキスパートのSさん。今回は、SさんとYさんという2名の西上州のエキスパートが先導してくれるという、上州シロートには有り余る贅沢なツーリングです。シロートは写真を撮りながらついていくだけ。
14

 舗装路から別れて下る昔の峠道は、しっかりしてはいるものの気が抜けないところもあり、昔の峠越えは安易ではなかったことがわかります
15

 乗って下れる快適な道を過ぎると、集落に飛び出して昔の峠道は終了。あとは舗装路を下って、回収車のデポ地に行くだけです。
16

 Yさん、ポッと出の非上州モノに貴重な昔の峠道を紹介してくださりありがとうございました。乗れるところは私には適度にテクニカルで楽しかったです。自転車を担いでトラバースや急な下りの場面もあり、ガイドとしては気が抜けない場面も多いようです。また、台風の影響は思ったより少ないようでしたが、下見には鋸や鎌を持っていったほうがよかったですね。

下見の成果が上がって、本番のツーリングが大成功をおさめることを期待しております。

|

« 11/09/23日光 | トップページ | 11/10/16 奥日光紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/52902748

この記事へのトラックバック一覧です: 11/10/02上州むかし道下見:

« 11/09/23日光 | トップページ | 11/10/16 奥日光紅葉 »