« 11/09/10三国峠赤沢林道 | トップページ | 11/09/23日光 »

2011/09/19

11/09/18日向沢の峰から蕨山

 三連休の天気予報があまり良くありませんでしたが、なぜか関東地方は比較的よい予報。そのなかでも18日がもっともよさそうです。天気が良ければ山梨方面の2500m超の山に一泊で行ってみようと考えていましたが、日帰りで我慢することにしました。

 コースは、奥多摩から川苔林道を登り、日向沢の峰から埼玉県に入り、蕨山から金毘羅山を経由して河又に下るというもの。蕨山から金毘羅山の尾根は「秘蔵版MTBツーリングブック」に掲載されているので楽しいはずと期待しています。有間山の尾根があまり乗れなくても、終わりよければすべてよしとなるはずです。

 中央線の始発で輪行すると奥多摩駅には6時23分に到着できます。日原行きのバスを見送って駅からスタート。天気予報から予想していたよりも良い天気で、青空が広がっています。
01

 川苔林道入口はゲートで閉鎖されていました。急勾配を登っていくと川苔山の登山口に到着。水力発電のトイレがあり、発電量が表示されています。しかし、台風の影響でトイレは使用不能となっていました。どういうことでしょうか。発電とは関係ないのかもしれません。
02

 今回はいつものSPDペダルをやめてフラットペダルで登ってきました。最近に購入したクリートがない普通の登山靴で登る感触を確かめるためです。自転車を降りるときに、SPDを外すために足をひねってしまう癖がとれません。ペダルに乗せた足の位置が毎回微妙に異なるのも気になります。すっかりSPDペダルに慣れてしまっていたことがわかります。それでも、登りそのものはまあまあで、踊平のトンネルに午前8時50分でした。標高が上がるにつれて気温が下がると期待していたのですが、ぜんぜん涼しくなりません。今日は暑くなるようです。
03

 自転車を担いで稜線上の踊平に出てさらに山道を押して登り、日向沢の峰に到着しました。ここには何度か来ていますが、初めて富士山を眺めることができました。いままでで一番良い天気ということです。
04

 尾根を走って有間山の標識に従って埼玉県に入っていく尾根を下ります。木の根が張っているのと、ちょっと急降下であまり乗れません。送電線の鉄塔が尾根上に立っていて、ここは景観が楽しめます。雲は秋を感じますが、山の緑はまだまだ夏のようです。
05

 やっと乗れるようになると有間峠に続くダートの林道に出てしまいます。
06

 有間峠から再び尾根道に入ります。峠から少しだけ名栗湖側に下ったところに登り口がありますが、表示はなにもありません。
07

 尾根道は、はっきりとしていますが倒木が多くてあまり整備はされていません。有間山の最高峰というタタラの峰から多少は乗れるところが出てきました。
08

 ここまで押し担ぎでやってきましたが、フラットペダルの選択を誤ったことがわかりました。フラットペダルのピンが足にぶつかって痛いのです。しかも、ピン先で脛に擦り傷がいくつもできてしまいました。そういえば、SPDに転向する前のKさんも足に擦り傷を作っていたのを思い出しました。せっかくの新品フラットペダルも山では使えそうもありません(その後、ネジコミ式のピンを全部抜いて使ってみようと思いつきました)。
09

 標高は1000mを越えているのにちっとも涼しくありません。逆川乗越を過ぎて少し乗れるようになったと思ったら蕨山に到着しました。有間山では誰にも会いませんでしたが、お昼時の蕨山は賑やかです。日陰で休憩。
10

 さあ、いよいよ快適に下れるぞと出発。ところが木の根が張っていたり、階段急降下だったり岩場だったりで乗車率は上がりません。それどころが、小ピークの登り返しで大汗をかいてしまいます。写真のようなところもありますが細切れで、押して登ったり下ったりの連続。樹林の中なので直射日光を浴びないのが救いです。
11

 金毘羅山から神社の鳥居をくぐって下ります。ここはちょっと乗れて、タイトターンもうまくこなせたりしてちょっとうれしくなりますが、またすぐに乗れなくなりました。
12

 いよいよ河又が近くなってきても、路面はいまいちですっきりと乗れるところがありません。暑さと期待はずれで気力が萎えてきました。
13

 最後まで気持ちよく乗れずに河又に到着。日陰のベンチで休憩。しばしぼーぜん。立て続けにスポーツドリンクを二本飲み干しました。汗みずくなので、座っていたベンチにお尻の跡がくっきり(失礼)。
14

 日差しの強さに飯能駅までバス輪行も頭によぎりましたが、しばらく休憩して元気が戻ってきたのでがんばって走ることにしました。幸いに下り基調なのと、午後3時を過ぎて気温が下がってきたのか、なんとか飯能駅まで1時間で走ってくることができました。
 今回は暑くてまいりました。もう少し涼しければ、蕨山の下りも楽しむことができたでしょうか。もしかすると、フラットペダルのピンで脛が傷だらけになってしまったのも影響しているかもしれません。山を降りてメールを見たら、群馬のYさんから、自転車なしで行って来た八ヶ岳の山旅の写真が送られてきていました。以前に、自転車を持っていって、ほとんど乗れなかったみどり池から下っていく森林軌道跡の写真もありました乗れなかった中山峠からみどり池の記録はここ
無理に自転車を持っていく必要はないよなーと、いつになく弱気になってしまいました。

|

« 11/09/10三国峠赤沢林道 | トップページ | 11/09/23日光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/52774939

この記事へのトラックバック一覧です: 11/09/18日向沢の峰から蕨山:

« 11/09/10三国峠赤沢林道 | トップページ | 11/09/23日光 »