« 11/06/05羽賀山から大高取山 | トップページ | 11/07/10鷹ノ巣山から倉戸山 »

2011/06/15

11/06/12旧正丸峠再び

梅雨時は天気予報がむずかしいようで、週間予報では最悪だった週末も直前になると希望の光が見えてきたりします。
この日曜日はまさにそんな日でした。直前の計画になるので単独で行ってしまうことが多いのですが、今回はKさんから天気がよかったらいきましょうというコメントをいただいていたので、これを「突発OK!」と解釈して二日前に奥武蔵に行く計画を提案しました。

朝7時過ぎに西武線正丸駅に到着。天気予報どおり、雲が多い空ですが雨は大丈夫そう。
01

奥武蔵は仮住まいの練馬からは西武線で直通のため、なんとなく近所という感覚があって、つくばの里山に遊びに行くように考えていました。しかし、実際は都心からは二時間はかかってしまい奥多摩とあまり変わらない山域だったということをKさんに教わりました。

正丸駅を午前7時半ごろにスタートしました。湿度が高いのでKさんには不利な状況ですが、奥武蔵の登りは稜線までの標高差が小さいので奥多摩あたりに比べると楽です。舗装路から山道に入ります。
02

下ったら楽しそうな山道を登って旧正丸峠に到着。峠らしい地形で、風が通って涼しい。
03

稜線はアップダウンが続きますが、登った分はちゃんと報われて乗って下ることができます。
04

牛立久保を過ぎて大野峠に向かう尾根道では登りに岩場も出てきます。
05

でもちゃんと下りは乗れる。
06

再び岩場。
07

でも下りになるとちゃんと乗ることができて、大野峠の舗装路に飛び出します。
08

大野峠から丸山への登りは階段の担ぎで始まります。1ヶ月半ぐらい前に来たのにその階段のことはすっかり忘れていました。階段の終点にある景色がよいパラグライダーのカタパルト場に出てきて記憶がよみがえりました。楽しかったことは覚えているけれど、苦しいことは忘れてしまう。こういう脳みそ構造なので、自転車を担いで山に登るのをやめられないのです。
09

カタパルト場からは乗ったり押したりで丸山山頂に到着。宝くじ資金で作ったという立派な展望台があります。残念ながら今日は展望は期待できません。4月に来たときは雪をかぶった八ヶ岳が見えました。
10_2

昼食を展望台でとってから下りにとりかかります。県民の森にある展示館に立ち寄ります。「こんなもんかな」というKさん。時代の先端を行く広告業界からみたら、ひねりも何もない、素朴な展示でした。
11

さあ、いよいよ秩父市街へのくだりです。前回は尾根の南側をトラバースする道にはいりましたが今回は尾根上の道を選択。乗れます。
12

石がちで乗れない部分もありますが、おおむね楽しい道です。
13

部分的に乗れないところもあり。
14

でも乗車率は高いです。快適な下り。
15

獣よけのねっとのゲートを通過。もう里は近い。
16

金昌寺に出て山道の下りは終了。
17

舗装路を走って西武秩父駅に到着。無事に終了しました。
18

午後3時半ごろの電車で帰路につきました。Kさん、突然の計画にお付き合いいただきありがとうございました。
奥武蔵は都心から近いというよりも、山が小さいので短時間で登って下ってくることができるというのが特徴です。どうやら、日が短い冬季によい山域のようです。

|

« 11/06/05羽賀山から大高取山 | トップページ | 11/07/10鷹ノ巣山から倉戸山 »

コメント

秩父の山は尾根筋まで比較的簡単に出れるのが良いですね。まだまだ梅雨空が続きそうですが、突発でまたいきましょう!

投稿: リスケ | 2011/06/20 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/51937001

この記事へのトラックバック一覧です: 11/06/12旧正丸峠再び:

« 11/06/05羽賀山から大高取山 | トップページ | 11/07/10鷹ノ巣山から倉戸山 »