« 10/12/05都内ポタリング | トップページ | 10/12/19黍殻山 »

2010/12/15

10/12/19難台山吾国山 前山未達

年末は年越しそばツーリングと称して、茨城の低山の難台山に登り、旧八郷町のかやぶき屋根のそば屋で年越しそばを食べるというツーリングを恒例にしておりました。昨年の年越しそばツーリングはここ

しかし、さすがに今年はマンネリ感は避けられず、新たなそば屋と新たなコースを捜してみることにしました。
例年は難台山から下ってしまうのですが、今回は縦走を続けて吾国山に登り、さらにその北東にある前山から笠間市の本戸地区に下って、このあたりでよさそうなそば屋を探す計画です。

常磐線の下り始発で輪行し、岩間駅を日の出とともに出発。愛宕山に登ると朝日に照らされて暖かい。
01

愛宕神社のお参りは本番の年越しツーリング時に任せて、尾根の縦走に入ります。冬枯れの尾根道は例年のとおり、明るくて楽しい道です。
02

団子石峠から難台山の登りにかかると、昨年はなかった新たな観光スポット「天狗の奥庭」の標識があります。ハイキングコースは年々充実してきているようです。でもこの時間では誰もいません。
03

難台山に9時に到着。真っ青な空がきれい。頂上を独り占めです。
04

難台山を下っていくと、登ってきたハイカーのおじさんに自転車を指差されて、「はっきり言うけれど、物好きだねー」と言われてしまいました。確かにその通りなのですが、おじさんと別れてしばらくすると「自転車は行動範囲が広がっていい」とか「下りだって早い、、ときもある」などと言い訳が頭に浮かんできました。まだ「モノズキ」として悟りが開けていないようです。
05

道祖神峠を越えて洗心館から吾国山を望みます。県の施設である洗心館は昨年の3月に閉館したそうです。事業仕分けの波が県営施設にもやってきているのでしょうか。
06

吾国山の山頂は展望が素晴らしい。日光方面の男体山や白根山は白くなっています。
07

風がなくて暖かな山頂でちょっと早めの昼食にしました。こちらの山頂もほとんど独り占め状態でした。
08

吾国山の下りは、福原駅に下る道よりも一本東にある道を下ってみました。最初は傾斜が急で乗れませんが、だんだん落ち葉のシングルトラックになってきました。
09

吾国山の北側を巻く舗装林道に出て、前山とのコルに下る踏み跡を見つけてヤブの中に入っていきます。赤ペンキが目印になっていました。
10

前山への登りからヤブが濃くなってきました。後からわかったのですが、前山よりもだいぶ手前のピークを前山と間違えて北北西に下る道に入ってしまいました。道の形ははっきりしているものの、倒木やブッシュがひどくて乗れません。
11

やっと乗れるようになったら意外に長く乗って下れます。前山から下る道はまっすぐ麓に出てしまうはずで、地形が違います。ここで間違いに気がつきましたが、乗って下れる区間が長かったのでよしとします。
12

飛び出したのは狙っていた本戸地区ではなく来栖の椿地区でした。吾国山が望めます。
13

そば屋を探しに本戸地区に入りますが、例年の旧八郷町にあるかやぶき屋根のかまたやさん以上のそば屋は、そう簡単には見つかりません。ヤブ道下りというのも年越しそばツーリングにはふさわしくないので、今回の偵察行は年越しそばツーリングとしては不発に終わってしまいました。
でも、この季節はヤブ山に入って薄い踏み跡を走ったり押したりして道を探すのはおもしろい。今度はちゃんと前山に登らなければ。

|

« 10/12/05都内ポタリング | トップページ | 10/12/19黍殻山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/50303649

この記事へのトラックバック一覧です: 10/12/19難台山吾国山 前山未達:

« 10/12/05都内ポタリング | トップページ | 10/12/19黍殻山 »