« 10/05/08金毘羅尾根 | トップページ | 10/05/29龍ヶ崎彷徨 »

2010/05/17

10/05/15細尾峠から地蔵岳経由古峰神社

だいぶ前から考えていたコースですが、コースが長いので日が長い季節に行きたいと思っていました。
今回は、2名の参加表明を受けて3名で行ってくることができました。

コースは日光駅がスタートです。天気予報は晴れだったのに、日光は曇りです。まずは、車がこない旧道を細尾峠に登ります。九十九折れの道ですが、勾配はそれほどきつくない。
01

日光駅から約1.5時間で細尾峠に到着しました。峠にはハイカーと思われる自家用車だけでなく、マイクロバスも停まっていて、団体でハイキングを楽しんでいるグループもあるようです。後から聞いてわかりましたが、今はヤシオつつじの季節で、それを目当てにやってくる人が多いそうです。
02

ここから薬師岳への登りは、急な部分が多くてほとんどが押しと担ぎです。途中から巻き道に入って、稜線に出たところが、薬師の肩と言われるところです。ここから薬師岳へは5分もかからないで登頂できます。ここで、ひとりだけ直登ルートに入ってはぐれてしまいました。あわや「無謀中高年MTBer、遭難騒ぎ」という記事のタイトルが頭の中を去来しましたが、幸いに薬師の肩で再会できました。よかった、よかった。
03

薬師岳からの稜線はやっと乗れるようになってきました。
04

と思うとまた、押して登るところもあり。乗ったり、押したり、担いだりが地蔵岳まで続きます。乗れるところが細切れなのが残念。
05

地蔵岳直下は急降下ですが、やがて乗りやすい道になってハガタテ平に至ります。
06_2

ハガタテ平に到着。
07

ハガタテ平からも、あいかわらず乗ったり押したりの道が続きます。乗れるところと乗れないところが微妙な差でミックスしている感じです。やがてダートの林道に出ました。
08_2

林道を快適に下って古峰神社に到着。
09

ここから新鹿沼駅までは、長い長ーい舗装路を走る区間になります。
下り基調なことが幸いして、午後5時過ぎに新鹿沼駅に到着しました。
10

山道は乗れるところが細切れなので、「おもしろい下りだったね!」とはなりませんでした。細尾峠までの登りと古峰神社から鹿沼までの道で自転車の機動力を活かした日光から鹿沼までの山旅と考えて、山道の乗車はおまけと考えればよいのかもしれません。

|

« 10/05/08金毘羅尾根 | トップページ | 10/05/29龍ヶ崎彷徨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/48378338

この記事へのトラックバック一覧です: 10/05/15細尾峠から地蔵岳経由古峰神社:

« 10/05/08金毘羅尾根 | トップページ | 10/05/29龍ヶ崎彷徨 »