« 09/11/29奥多摩川苔山と赤杭尾根 | トップページ | 09/12/23奈良駄峠鶏足山雨巻山 »

2009/12/20

09/12/19黍殻山

Tさんのお気に入りの黍殻山のコースが一段とパワーアップしたということです。まず、今まで避難小屋までしか行かなかったけれど、少し足を伸ばして姫次、袖平山まで行けば素晴らしい景色が見られるとのこと。さらにすごいのは岩がちの焼山からの下りが整備されたとのこと。
一年前のレポートはこちら。
二回も行ってます。

冬晴れで冷え込む上に北風が強いという予報でしたが、風はそれほどでもなく絶景に恵まれて最高の日になりました。道普請の成果もすごくて、以前は私には全然乗れなかったところも乗車率がぐっとあがりました。

Tさん、ありがとう。

8時に宮ヶ瀬湖畔に集合です。北関東に住む私には厳しい集合時間ですが、Yさんに高尾駅でピックアップしてもらい、集合時間よりも30分も早く着きました。Yさん、ありがとう。今回も8名の大部隊です。
01

宮ヶ瀬湖畔ふれあい館から宮ヶ瀬湖岸沿いの道をたどり、水沢川沿いに登る道を登ります。これは、調査万全のTさんの推薦ルート。確かに朝日を浴びて明るい道。登りの苦労が和らぎます。ゲートを越えて水沢川と早戸川を分ける尾根を越えると、蛭ヶ岳(奥の山)が見える絶景ポイントに出ます。
02

林道を大平登山口まで走り、登山口から約1時間の担ぎの急登になります。しかし、天気が良いので尾根にでると明るくて気分よし。それに、メンバーはみんな担ぎが平気な人たちばかりです。
03

大平分岐から姫次に登ります。尾根はおだやかで乗って登れるところもあります。真冬日の気温のようで、霜柱は全然融けていません。
04

おお、これがTさん推薦の景色。姫次から真正面に雪をかぶった富士山が見えて歓声があがります。
05

袖平山からは南アルプスから大菩薩連嶺、奥秩父が望めました。頂上直下のベンチでゆったりとお昼を食べたあとは、焼山まで快適な下りです。写真は黍殻山付近。黍殻山は巻いてしまいました。午後になっても霜柱が健在です。
06

焼山から先は上級者が喜ぶコース。私でも多少は楽しめたのはTさんの道普請のおかげです。でも、もう少しうまくなりたいなーと欲がでるような道でした。
07

出発時は寒かったけれど、風が弱く快晴で気候は最高でした。林道を登って、山道を担いで、景色を楽しんで、冬の日を浴びてお昼を食べて、乗車率が高い尾根を下る、というフルコースの一日でした。
姫次まで登ることでこのコースの魅力が倍増しました。蛭がいなければ秋も春もよさそうです。

|

« 09/11/29奥多摩川苔山と赤杭尾根 | トップページ | 09/12/23奈良駄峠鶏足山雨巻山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/47071741

この記事へのトラックバック一覧です: 09/12/19黍殻山:

« 09/11/29奥多摩川苔山と赤杭尾根 | トップページ | 09/12/23奈良駄峠鶏足山雨巻山 »