« 枝折峠(09/09/20) | トップページ | 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目 »

2009/10/01

魚野川水平歩道(09/09/26-27)

今回は二回目の魚野川水平歩道です。一回目は2006年の暑い8月に行きましたが、今回は季節的には少し遅い時期に行って来ました。

魚野川水平歩道は、山道をMTBで走る人にとっては特別の人気があるようです。出発直前や行動中の夕方に激励メールをもらったりして、このコースの人気を感じました。幸い、好天に恵まれて楽しむことができました。

9月26日(1日目)
 一日目は、長野原草津口まで輪行して、国道を野反湖まで登るコースにしました。3時間の登りを見込んで、夕方までの時間は湖畔の散策にあてる計画です。
1

標高差約950mを約30kmで登る国道は、後半の8kmぐらいで600mぐらいを登るという後半がきつい道です。そのため、六合村の道の駅を過ぎて花敷温泉あたりまでは楽勝です。道の駅ではコスモスがきれいに咲いていました。
01

短いながらも急坂が続く野反湖への登りを克服すると別天地が待っています。富士見峠から見た野反湖です。
02

今晩の宿泊は野反湖キャンプ場のバンガローナンバー1です。寝具と電灯つきです。炊事場やトイレが近いところを借りられました。
03

キャンプ場到着が午後1時半ごろなので、ちょっと遅い昼食をキャンプ場で採ってから、湖畔を一周するシングルトラックに行ってみることにしました。エビ沢付近からパノラマ写真を撮ってみました。
0451

ぐるっとまわって、再び野反湖北端のキャンプ場に近づく前に白砂山から降りてくる道と合流する峠(三つ沢峠)を越える道に入ってみました。ここからの下りが最高。腕効きのAさんとOさんの独壇場です。
04

9月27日(2日目)
 二日目は野反湖から和山までの水平歩道を含む核心部です。
Photo

 午前4時に起きて朝食の用意をしたり食べたりしていたら午前5時を過ぎました。でもまだ暗い。
05

 山はガスに包まれていてしっとりと湿っています。それでも紅葉は進んでいて、わずかな晴れ間を利用して写真が撮れました。
06

 いよいよ渋沢ダムへの下り道。ヘアピンカーブが多くて、自転車乗りの技量をまさに問われるような道です。腕利きの二人は十分に楽しんだようです。私はヘアピンカーブの成功率を上げなければ、という課題を残しました。

07

 やがてコバルトブルーの水面をたたえる渋沢ダムに到着しました。
08_3

 ここからいよいよ水平歩道です。
09_5

水平歩道が続きます。
10_2

通行止めの二つ目のトンネルを越えたところにある水場で早めの昼食タイムをとりました。そしてさらに走っていくと、いよいよ魚野川はずっと下をながれるようになり、高度感満点の部分が出てきました。
11_3

最後のトンネルは素掘りです。
12_4

水平林道の終点から一気に下ると、再び魚野川を吊橋で渉り、林道を走って和山のバス停に着きました。
13

 和山からバス輪行で津南まで行き、ここで十日町行きのバスに乗り換えて十日町に行き、ここからほくほく線から上越新幹線と乗り継いで関東地方に帰ってきました。

 2年前に走ったコースとはいいながら、改めて素晴らしさを堪能しました。キャンプ場もなかなかよいところです。今度はもっとヘアピンカーブをクリアできる実力をつけてきましょう。

|

« 枝折峠(09/09/20) | トップページ | 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/46366156

この記事へのトラックバック一覧です: 魚野川水平歩道(09/09/26-27):

« 枝折峠(09/09/20) | トップページ | 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目 »