« 魚野川水平歩道(09/09/26-27) | トップページ | 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 2日目 »

2009/10/11

会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目

1日目の報告です。

長年の懸案だった会津駒に行くチャンスをようやくつかみました。会津駒は車を使えば割合と簡単にいけると思います。しかし、わたしの駒の小屋に泊まりたいう気持ちと、できれば輪行で行きたいというこだわりがなかなかチャンスをつかめない理由でした。

駒の小屋は完全予約制で連休中の予約は大変のようです。三連休の前日に会社の休みを利用して予約をしました。

わたしと同じように平日に休みが取れるという奇跡的な境遇の仲間のAさんを得て勇気百倍になりましたが、台風18号の接近で直前まで天気予報をみながら気が気ではない日々でした。

幸い台風は木曜日の8日に去り、台風一過の好天に恵まれるという最高の状況と思ったのですが、山岳気象情報網を持っているAさんによると、なぜか会津駒付近だけがなんと雪の予報になっているとのこと。えー、ですが、平日のお客さんの少ない時期に駒の小屋に泊まれるというチャンスも逃したくないということで強行することにしました。

1日目のコースです。
Photo

東武電車に乗っていくと男体山をはじめとする山々が快晴のなかに見えます。これはAさんの天気予報はガセだったのでは?と思いながら野岩鉄道に入るとだんだん雲が多くなってきます。会津高原尾瀬口でAさんと合流してバスに乗って桧枝岐に向かうときには雨がぱらつく天気になってしまいました。

桧枝岐の滝沢登山口に着くとしとしとと雨が降っています。台風一過を謳歌しているのは関東地方だけか?
どうやら国境稜線付近は台風が去ったおかげで一時的な冬型になってしまったようです。登山口では雨の中で出発準備をしました。
01

しばらく舗装の林道を登るといよいよ会津駒への登山口になります。いきなり階段で、担ぎを予想させる展開です。
02

予想以上に担ぎに徹する登りがはじまりました。
03

紅葉がなぐさめになるつらい登りが続きます。
04

標高をあげるにしたがって雨はみぞれや雪に変わってきました。木道が始まり池塘のそばを通ります。
055

みぞれのなかをがまんして登っていくとついに駒の小屋に着きましたこんな天気のときは山小屋は天国です。
05

駒の小屋に着いたのは午後3時前でしたが、無条件で夕餉(乾杯を含む宴会モード)に入ることに決定です。
8時消灯までに同宿のかたがたと楽しい時間をすごしました。ありがとうございました。

|

« 魚野川水平歩道(09/09/26-27) | トップページ | 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/46458028

この記事へのトラックバック一覧です: 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目:

« 魚野川水平歩道(09/09/26-27) | トップページ | 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 2日目 »