« 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目 | トップページ | 会津駒以降 »

2009/10/11

会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 2日目

1日目は雪や雨に見舞われながら駒の小屋を目指して登ってきましたが、2日目はやっぱり天気が良くないと元気が出ません。
その気持ちを予期したかのように快晴の早朝を迎えました。駒の小屋からの駒ヶ岳です。最高!
07

2日目のコースです。大津岐峠からキリンテにくだるところまでは、秘蔵版ツーリングブックに掲載されているコースです。今回は、さらに桧枝岐川(あるいは実川)を渉って馬坂峠へのダート林道を登って、川俣湖に下る計画です。川俣湖から川治温泉も舗装路ながら距離があります。
Photo_2

晴れたおかげか、冷えて駒の大池には氷が張っているし、木道は霜で覆われています。
08

おそるおそる駒ケ岳山頂まで往復しました。駒の小屋に戻って、自転車とともに再び歩き始めます。大津岐峠への稜線は景色は最高。でもまだ乗れません。
09

やっと乗れる稜線に出ました。
10

乗れたと思ったら木道の連続で大津岐峠に到着。天気がよいので救われます。
11

ここからの下りは最高でした。このために登ってきたんだなと納得。紅葉の中を下ります。
12

Aさんにヘアピンカーブのこなし方を教わったおかげで、後半の九十九折れもなんとか楽しめました。
13_2

キリンテに出て、キャンプ場で水などを補給しました。
14

桧枝岐村から外れて再び登りに入ります。今度はダートの林道です。
15

急な登りの激坂が無いのが救いです。峠近くでは紅葉を鑑賞する余裕もでました。
16

馬坂峠からは栃木県側の延々と続く山並みのなかを走る林道に入ります。
17

峠からの前半は路面が荒れています。峠にいた乗用車はほとんどが福島県側から登ってきたのでしょう。
18

だんだん路面が良くなって快調に下ると、馬坂沢の砂防ダムがいい景観になっています。台風で一時的に水量が増えたからか?
19

湯西川温泉への分岐にはたくさんのオフロードバイクライダーが集まっていました。このあたりの林道は車を含めて規制がないので、オフロードバイクなどたくさんやってきます。湯西川温泉分岐から川俣温泉に向かう途中で出会ったオフロードバイクです。
20

雨が降ったり日が差したりする不安定な天気ですが、なんとか川俣湖まで到達。
21

舗装路を約30km程度走って川治温泉駅に到着しました。
湯西川温泉方面に行くAさんと別れて会津川治温泉駅に向かいます。駅の近くに無事に酒屋を見つけて、着替えも済ませて、完璧な陣容でホームに下りました。
22

酒屋さんでは栃木名産のポテトチップスをいただきました。夕闇迫る川治温泉駅から車中の人になり、ほどほどの酒量で帰宅することになりました。

今年は雁坂峠から丸川峠、美ヶ原から霧が峰、それに魚野川水平歩道と一泊二日シリーズを続いています。連休が多いせいもありますが、夏から秋にかけては泊りがけで行きたいところが多いこともあります。今回の駒の小屋は今までの宿泊先のなかでも出色でした。素泊まり限定で完全予約制というのがいいのでしょう。おかげで週末や連休などは予約が困難になっていますが、一種の入山制限と考えれば納得です。2日目に会津駒を下ったあとは、馬坂峠のダートを越えて川治温泉まで走るという自転車ならではの機動力を活かすことができました。

|

« 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目 | トップページ | 会津駒以降 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/46459147

この記事へのトラックバック一覧です: 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 2日目:

« 会津駒と馬坂峠(09/09/-10) 1日目 | トップページ | 会津駒以降 »