« 赤城山(09/09/19) | トップページ | 魚野川水平歩道(09/09/26-27) »

2009/09/22

枝折峠(09/09/20)

前日の赤城山に続いて、枝折峠を越える銀の道に行きました。このコースは「秘蔵版MTBツーリングブック」に掲載されていますが、首都圏からはちょっと遠いこともあってそれほどポピュラーではないと思われます。

今回のコースです。「ツーリングブック」にあるとおり、「自転車に乗って下るだけが」山サイのくだりではないのだということを痛感しました。
Photo

小出駅を7時40分に出て一時間ほどで灰の又です。舗装路といっても車の交通量は少ないので安心。
01_2

枝折峠には、10時20分になんとか到着。峠は車でいっぱい。駒ケ岳に登る人たちでしょう。途中で「ラン」の人に追い越されました。
02_2

しかし、枝折峠から明神峠への道は景色がよくて救われました。
03_3

コースタイムより早く銀山平に下る銀の道の分岐に着いたので(10時55分)、これを下ることにしました。しかし、この道はあまり乗れませんでした。確かに、「ツーリングブック」にあるとおり、「急坂の引きずり降ろし」とか「V字溝」などなどがあり、乗車率が低いなりに楽しませてもらいました。

石抱橋から枝折峠への国道の登り返しは、あまり急なところは無くて12時50分に峠に戻ってくることができました。
再び山道を押しと担ぎで登っていくと、35分で明神堂に出ました。ここからいよいよ駒の湯までの銀の道のくだりです。
04

しかし、駒の湯に下る銀の道もなかなか自転車には乗れません。途中で景色がよいところで写真をとりました。まだ8合目にも到達していません。
05

しかし、7合目を過ぎて3合目あたりまでは急に乗車率が高くなり、楽しい下りとなりました。
写真は8合目ですが、徐々に乗れるところが出てきています。
06

3合目を過ぎると階段が出てきたりする斜度がきつい下りになり、乗車率は下がってしまいました。最後は林道に飛び出して山道は終了です。15時。駒の湯温泉に下って見上げると、やっと越後駒のガスが外れ始めていました。
07

今回のツーリングは枝折峠への舗装路の登りがきつかった。九十九折れの後にトラバースで枝折峠に登っていく道ですが、トラバースの登りは緩いだろうと思ったのが大間違い。急坂に苦しみました。一方、銀山平から枝折峠への登りは緩やかで景色を楽しみながら登ることができました。

これらの舗装路の登りの苦しみは、駒の湯に下る7合目から2合目の間の快適な下りで報われました。

とはいえ、高い乗車率を求める方は、このコースは敬遠したほうがいいかもしれません。

|

« 赤城山(09/09/19) | トップページ | 魚野川水平歩道(09/09/26-27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/46275024

この記事へのトラックバック一覧です: 枝折峠(09/09/20):

« 赤城山(09/09/19) | トップページ | 魚野川水平歩道(09/09/26-27) »