« 赤城山(09/08/08) | トップページ | 権現山東尾根を用竹へ(09/09/06) »

2009/08/24

美ヶ原から霧が峰(09/08/22-23)

今シーズンから発売になったツーデーパスを使って、別所温泉から保福寺峠、三才山峠、美ヶ原と走って一泊。二日目は扉峠からビーナスラインで和田峠を経て霧が峰に行き、車山に登って白樺湖に下り、最後は八子ヶ峰に登って茅野側にシングルトラックを下るという計画で出かけました。

事前の情報では、保福寺峠への道や、保福寺峠から三才山に至る道はダートがあるということだったので、シングルトラックも楽しめるように太いブロックタイヤで行ってきました。

雨が多い夏でしたが、ようやく夏らしい天気の週末になり、美ヶ原から霧が峰にかけて360度の眺望を楽しみながら走ることができました。

一日目のコースです。別所温泉駅をスタートして、保福寺峠に登り、三才山峠、武石峠を経て美ヶ原に登りました。美ヶ原の牧場を抜けて扉峠に下り、三城の宿まで行きました。
Photo

別所温泉駅はこじんまりしています。出発は10時40分。
01

温泉から野倉をかすめて沢山池に向かいます。沢山池から産川を遡る道は舗装ですが、沢沿いのよい雰囲気の道でした。Y田さんに教えてもらった道です。
02

産川を詰めると、大明神岳の北側を巻いて行く道に入ります。ここは保福寺林道という名前でダートでした。
03

市之沢から来る道を合わせると舗装になって保福寺峠に到達しました。保福寺峠から三才山峠を経て武石峠に至る蝶が原林道は途中に崩落があって、車両通行止めになっていました。自転車なら何とかなるだろうと楽観して進入しました。
04

蝶が原林道はほとんどダートです。三才山峠の手前に崩落箇所がありました。幸い、自転車を押して簡単に越えられました。
05_2

蝶が原林道は丸子に下る道と合流して終了ですが、丸子に下る道も崩落で閉鎖されているので合流点は行き止まり状態です。舗装路を登ると武石村から来る道に合流してやっと走っている車が見られるようになりました。さらに登っていくとビーナスラインに合流する武石峠にたどりつきました。
06

暑さで登りに苦しんできましたが、標高が上がって涼しくなってきたので楽になてきました。眺望がひらけて自然保護センターにたどり着きました。もう午後4時半でセンターは閉まるところです。ゲートを抜けて美ヶ原の平原に入っていきます。
07

王ヶ頭ではホテルの宿泊客が夕食前の散歩を楽しんでいます。牧場の中のダートを走って山本小屋方面に走ります。景色は最高ですが、時間が残り少ない。
08

山本小屋から舗装路を一気に下り、へろへろなりながら扉峠へ登り返し、アゼリアラインを下って三城にある今晩の宿のふじさわ山荘にたどり着きました。山荘はきれいで、風呂に入って生き返りました。素泊まりですがキャンプ場併設の炊事場があって便利でした。
09


二日目のコースです。一日目で体力を消耗していて扉峠への登り返しだけで敗退するのではないかと思いながらスタートしましたが、思いのほかがんばれて、予定通り車山に登り、白樺湖の向こう側の八子ヶ峰に登り返して蓼科リゾートに下るシングルトラックも楽しむことができました。
Photo_2

宿を午前6時20分に出発。恐れていた扉峠への登り返しは40分ほどで済み、なんか調子が出てきたような気がします。尾根沿いのビーナスラインは展望が素晴らしい。蓼科山から八ヶ岳の山並みが目前に見えます。
10

快調に和田峠に向けて下っていくと旧中仙道の標識があり、ちょっとだけシングルトラックを楽しみました。和田峠からの登りは急坂はなくて助かりました。八島駐車場から八島湿原南側の木道に入りました。自転車はもちろん押していきます。車やバイクが走るビーナスラインよりもずっと気持ちよく歩けます。
11

湿原を抜けてダートの林道を走ると沢渡に出ました。ここから車山肩への山道の登りになります。担ぎはほとんどなく押していけますが、すべりやすい土と岩交じりの道で息が切れるところでした。
12

車山山頂に10時に到着。360度の眺望はほんとうに素晴らしい。北アルプスは槍ヶ岳よりも北の後立山連峰も見えてきたし、妙高方面も見えています。南は富士山はもとより南アルプス、中央アルプス、御岳と並んでいます。
13

車山から白樺湖への下りは、スキー場内の歩道で、多くのハイカーがいて自転車は押していかざるを得ません。ちょっとがっかり。それでも、スキー場から白樺湖に至る自然歩道は誰もいなくて走ることができました。今回はじめてのシングルトラック。白樺湖を反時計回りに走ってロイヤルヒルスキー場を登ります。
14

スキー場を抜けて尾根に出ると、乗れるところも出てきます。しらかば2in1スキー場のリフト終点に着いたときにはすっかり青空が広がりました。やがて真正面に蓼科山が見える八子ヶ峰山頂に到着しました。
15

山頂でゆっくりと昼食休みを取ってから午後1時過ぎに出発。山頂から南下する「東急トレッキングコース」にはいります。上部は展望がよい尾根上の道で、ほとんど乗っていける快適なシングルトラックです。
16

途中は岩が多くなり乗れませんが、それを抜けると唐松林の中の快適なシングルトラックが延々と蓼科リゾートにつくまで続きました。
17

一時間足らずのシングルトラックの下りでしたが、満足。優雅な雰囲気の蓼科リゾートを抜けて、茅野市街に下ります。茅野駅には午後3時前に到着。輪行準備をして、電車から八ヶ岳を眺めながら帰りました。

美ヶ原と霧が峰は車でほとんど頂上近くまでいけてしまうので、登山の対象としてはあまり面白くないと思っていました。しかし、眺望は素晴らしく、自転車で景色を眺めながら走るには最高の場所だということがわかりました。霧が峰方面は轟音でカッ飛んでくるバイクや車がやや多かったけれど、車道から逸れて山道に入れば静かです。美ヶ原は車道が貫通していないため、牧場の中の砂利道を景色を楽しみながら静かに走ることができます。

美ヶ原の茶臼山から三城に下る山道は、次の機会に探索してみたいところです。

|

« 赤城山(09/08/08) | トップページ | 権現山東尾根を用竹へ(09/09/06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/46016137

この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原から霧が峰(09/08/22-23):

« 赤城山(09/08/08) | トップページ | 権現山東尾根を用竹へ(09/09/06) »