« A峠周辺(09/06/07) | トップページ | 東京ツーリング(09/06/20) »

2009/06/20

笠取山(09/06/13,14)

梅雨の晴れ間をぬって、山小屋一泊の山に出かけました。山小屋で自炊しながらのんびりしたいというのがほんとうの目的です。

会津駒の小屋を考えていましたが、まだ雪が残っているようなので、奥秩父の笠取小屋に変更。1日目は塩山からバス輪行で新地平に入り、雁峠を経て笠取小屋。2日目は斉木林道を走って柳沢峠にでて、さらに丸川峠から泉水林道を下るか、さらに大菩薩を越えて丹波か小菅に下る計画でした。しかし、2日目は雨に降られてさっさと下ってしまいました。
今回のコースです。
Photo

1日目
新地平を午前11時20分ごろに出発。日が差して暑い。広川沿いの亀田林業林道は、豪雨の影響か、荒れているところがところどころにあります。
01

下ってくる人に「熊を見た」と知らされます。熊出没注意の看板付近だそうです。
看板はありましたが、幸い、本物には出会いませんでした。
02

雁峠は気持ちがよいところです。峠の直下に水場があるのもすばらしい。
03

笠取小屋には午後2時15分に到着。
04

担ぎ上げた発泡酒を水場で冷やして、笠取山往復に出発。
05

笠取小屋から多摩川の源流という水干までは、乗車率高い道が続いています。
06

笠取山へは、縦走路分岐から少し入ったところに自転車はデポして空身で往復しました。
07

笠取山山頂は展望はまあまあというところ。
08

自転車を回収して、快適に乗って小屋に戻ります。水場に行ってびっくり。発泡酒が動物に荒らされていて、缶に穴があけられていました。だいぶ中身が流れてしまった。ショック。ジュースと思ったのかしら。
09

気を取り直して小屋のベンチで夕餉。今晩の宿泊者は9名。午後7時には就寝。

2日目
4時に起きると雨が降り始めました。雷もなって豪雨になってきました。小屋の中で朝食を食べながら雨の様子を見ていると、5時半を過ぎて雨が上がりました。斉木林道を走るのはあきらめて、奥山作業林道を下って帰路につくことにします。
10

高橋の集落に出るところに厳重なゲートがありました。
12

奥多摩に向かって国道を走ります。雨は降らず路面も乾いています。最後は国道を離れて、奥多摩むかし道を下ってちょっとアクセントをつけました。
13

それでも奥多摩駅には午前9時10分についてしまいました。雨は降りそうもない空の様子ですが、自炊一泊の目的が達成されたのでこのまま帰りました。

|

« A峠周辺(09/06/07) | トップページ | 東京ツーリング(09/06/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/45394041

この記事へのトラックバック一覧です: 笠取山(09/06/13,14):

« A峠周辺(09/06/07) | トップページ | 東京ツーリング(09/06/20) »