« 2009年2月のスキー | トップページ | 三浦半島(09/02/15) »

2009/04/02

2009年3月のスキー

3月は三連休を含めて、電車やバスでいける白馬方面や木曽谷のスキー場に集中的に行ってきました。

3月14日
 名古屋から夜行バスで栂池に行きました。雨の中でしたが徐々に良くなる予報。栂池に着いたら雨がちょうどあがるところでした。
 01

登っていくと雨は雪に変わりました。低気圧が抜けて冬型になりつつあるようです。最上部のつが第二リフトの周辺は冬景色です。
02

ハンノキコースなどを滑ってから再びつが第二リフトに乗ると、閉鎖されていた馬の背コースが開放されています。上級者に限るの看板がなつかしい。
03

雨の後は冬型が強くなって大雪かと思いきや、すこしずつ雲が晴れてきます。
04

ついに、青空が見えてきました。おかげでチャンピオンコースの大斜面を気持ちよく滑れましたが、雪は湿雪のまま。低気圧が抜けた影響で風が強くなり、ゴンドラや上部のリフトは午後2時過ぎに止まってしまいました。下部の斜面を滑って今日はおしまい。
05

3月15日
 すっかり得意になった五竜ドライブステーションに宿泊後、日曜日は八方に午前券で滑りに行きました。やはり八方でも低気圧が抜けた後の冬型は降雪量よりも風が強かったようで、上部は新雪とアイスバーンが交錯しています。それでも黒菱のリフト沿いは新雪が多くて久しぶりに雪と戯れることができました。
06

今シーズンは暖冬と引き換えに天気が良い日が多い。八方池山荘から上部の写真と鹿島槍と五竜の稜線の写真です。
07
09

整地がしっかりしているスカイラインコースはカービングターンのシュプールがたくさん。
08

下部は暖かくて重い湿雪になっています。13時のシャトルバスで退散。青春18キップでのんびりと四日市まで帰りました。

3月20日
 暖冬で雪解けが急速に進んでいるので、三連休はのんびりと滑ることに決定。夜行バスは止めて、JRのきそスキーチャオ号でやぶはらスキー場に初日はよってみることにしました。ここも、20年ぶりぐらいに再訪問するスキー場です。
雨上がりのゲレンデは水をたっぷり含んだ雪です。
10

天気はどんどん回復していきます。やぶはらは奥が深く、上っていくにしたがってすばらしい景色が見えます。写真では捕らえにくいので説明看板です。特に穂高連峰が見えるところが特筆ものです。
11

やぶはらの奥の深さは景色だけではありません。国設リフトがかかる斜面は手ごたえがある斜度でコブ斜面もあります。ただし、ラインの底にはブッシュが出ているところもあるので要注意。
12

四時間券で十分に楽しみました。電車で五竜ドライブステーションに移動。

3月21日
 三連休の中日は好天が予想されています。ここはやはり八方でしょう。新雪はありませんが兎平まで登れば雪質は良好。ぴょんぴょん平状態になっています。
13

訪れるたびに好天ですが、今回はケルンを入れて白馬岳方面を撮影しました。
14_2

13時まで最上部の斜面で春の雪のコブを楽しみました。午前券なので最後の下りはスカイラインから国際を下るコースを選択しました。好みのやわらかい雪のコブ斜面を下ります。
15

ゴンドラ山麓駅で昼食兼休憩後にゆっくりと神城に移動して、龍神の湯で汗を流してから定宿となった五竜ドライブステーションで就寝。

3月22日
 天気予報では午後から崩れると思っていたのに、朝からポツリポツリと雨が落ちてきました。ちょっと滑ればよいということで簗場スキー場に行く事に決定。ここも昔に来たことがあるのですが、最近はボーダ志向が強いようです。また、リフト券が1000円と格安なのも魅力です。簗場スキー場前駅で電車を降りてスキー場についた頃は雨がしっかりと降っていました。それでも根性があるボーダーとスキーヤーがいたので、心を強くして雨具を着こんで滑りました。
16

薄氷を踏むような状態ですが、雪がなんとかゲレンデ全体に広げられていて最上部から滑ることができました。簗場の特徴の中間駅です。昔に来たときは最上部から胸まである新雪を滑ったのが信じられません。
17

午前10時ごろまで滑って、退散しました。

3月28日
 春分の日の三連休はあれほど暖かかったのに3月の最終週は真冬並みの寒気が南下してきました。暖冬でも自然の気まぐれはスキーヤーを喜ばしてくれます。白馬行きの夜行バスは三連休を最後に終わってしまったので、JRのきそスキーチャオ号で、前回はリフトトラブルで満足に滑れなかったきそふくしまスキー場にいきました。今回はちゃんとトリプルリフトが動いていてすんなりと上に登ることができました。
18

御岳山はやはり立派です。
19

きそふくしまスキー場の最上部には四方の山並みを示す案内標が立っています。
20

3月29日
 連日の日帰りスキーで、今度はやぶはらに行きました。最終日ということでリフト券が半額になるのも魅力ですが、寒気のおかげで最終日とは思えない良質の雪で滑ることができました。
先週の三連休では水がたまっていたところも真っ白の雪になっていました。
21

奥の国設リフトがかかる斜面の先週よりもずっと良い状態です。しかも晴天。気温が低いので雪がくさりません。
22

今回は国設第三リフト終点から山頂に登ってみました。山頂からは御岳山が真正面に見えます。スキー場のほかの地点からは御岳山は見えないので、ここは貴重です。
23

鳥居がある山頂からは木曽駒も良く見えます。
24

先週の三連休には少雪のために閉鎖になっていた国設第三リフトをくぐるコース今日はもさもさ雪の斜面になっていて、楽しむことができました。
25

今日で終わりにするのはもったいないような雪でしたが、やぶはらスキー場を楽しんで今シーズン最後のきそスキーチャオ号に乗って帰りました。

|

« 2009年2月のスキー | トップページ | 三浦半島(09/02/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/44544811

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年3月のスキー:

« 2009年2月のスキー | トップページ | 三浦半島(09/02/15) »