« 難台山年越しそばツーリング(08/12/21) | トップページ | 2008年12月、2009年1月のスキー »

2009/01/04

四時川と仏具山(09/01/02)

阿武隈山地のダートをつないで走ってみました。山は低いけれど、独特の山奥感覚がある地域です。

水郡線の南石井駅をスタートにして、矢祭町と塙町のダートをつないで四時川林道に入りました。
11

四時川林道のダートは男犬平で舗装に変わります。横川の発電所から仏具山への登りは再びダートになります。仏具山からの下りも半分はダートでした。最後は暗くなった道を勿来駅まで走りました。
21

スタートの南石井駅。ホームがひとつあるだけです。冬晴れで、風は冷たい。
01

入宝坂、高野谷地と山に入っていくにしたがって寒くなってきて、ついに追分では雪が路面に積もっている場所が出てきました。
02

追分から殿畑に抜ける道はダートです。追分林道という名前がついているようです。
03

追分林道も日陰に入ると雪が出てきます。
04

殿畑から石掘子(いしぼっこ)をかすめて矢塚、滝ノ入と走ります。この部分は舗装路です。滝ノ入から大平、那倉方面に行く道はダートに変わります。写真は栄蔵室に向かう林道との分岐です。
05

大平に向かうダートの林道も、日なたはよい雰囲気になっています。このあたりで昼食にしました。
06

大平の集落付近は舗装ですが、那倉への道は再びダートになります。ダートが終わると那倉の集落です。過疎で廃校になったと思われる、小学校跡の碑がありました。
07

那倉から長谷地、塚野、十日塚、水呑場と走り、四時川林道に入ります。四時川向けて下っていき、川沿いになるところからダートに変わります。
08

四時川林道のダート部分はかなり長く、男犬平まで続きます。そばには四時川が流れています。
09

横川には小さな発電所があり、ここで四時川から別れて仏具山へ登ります。
10

仏具山への登りはかなり荒れたダートです。約1時間の登りです。
11

仏具山の山頂からは勿来から植田の海岸線と鮫川が見渡せます。
121

仏具山からは国道299号の川平に出る林道を下ります。こちらもダートですが、頂上にある無線中継所の管理に使われているようで整備がされていて走りやすい。
13

国道に出て、四時川トンネルを抜けると夕暮れが迫ってきました。ライトをつけて勿来駅まで走りきりました。南石井駅を午前9時半過ぎに出発して、勿来駅には午後5時に到着しました。約78kmの道のりでした。
14

|

« 難台山年越しそばツーリング(08/12/21) | トップページ | 2008年12月、2009年1月のスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/43629663

この記事へのトラックバック一覧です: 四時川と仏具山(09/01/02):

« 難台山年越しそばツーリング(08/12/21) | トップページ | 2008年12月、2009年1月のスキー »