« 雲取山(08/11/01-02) | トップページ | 伊豆山稜(08/11/15) »

2008/11/16

黍殻山(08/11/09)

交通の便が悪くて行けないままになっていた丹沢のはずれにある黍殻山に行くチャンスが巡ってきました。
横浜のクラブツーリングに同行させてもらったのです。

車を宮ヶ瀬湖畔の駐車場に停めて、松茸山北側を巻いていく林道で大平まで登り、ここから登山道を押し担ぎで黍殻山南西側の稜線に出ます。黍殻山から焼山を越えていく東海自然歩道を下る周回コースです。
Photo

どんよりとした天気ですが、雨は降っていません。舗装路を登り小さな峠を越えて水沢川の流域に入ると林道の分岐が現れます。両方ともゲートでふさがれています。10名の大所帯なので、ゲートを越えるだけでも壮観です。
01

林道は舗装からダートに変わり、大平から登山道にはいります。ここからは、担ぎ中心の苦しい登りが続きます。
02

登っていると暑いですが休憩するとすぐに体が冷えて寒くなります。雨もポツポツと降ってきました。避難小屋に行くと、なんとストーブがこうこうと燃えていて酒盛りをしているグループがいました。ストーブに当たらせてもらい、暖かく昼ご飯をたべることができました。
03

黍殻山から焼山までは、とても快適な道です。落ち葉を踏んで紅葉の中を走ります。標高が下がると雨がやんできました。
04

焼山山頂には展望台があります。天気が悪くて展望は今一つでしたが、紅葉はきれい。
05

焼山からはガレた部分が多くなり乗車率が落ちます。やがて林道に出て、鹿よけゲートを越えて、ふもとに下りました。舗装路を走り駐車場に戻り、周回コースを終了しました。
06

天気はいまひとつでしたが、なかなか輪行では行きにくい山域の良いコースを走ることができました。横浜のツーリンググループのみなさんに感謝です。

|

« 雲取山(08/11/01-02) | トップページ | 伊豆山稜(08/11/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/43133821

この記事へのトラックバック一覧です: 黍殻山(08/11/09):

« 雲取山(08/11/01-02) | トップページ | 伊豆山稜(08/11/15) »