« 石榑峠御池林道鞍掛峠(08/09/23) | トップページ | 大菩薩峠(08/10/12) »

2008/10/04

入道ヶ岳(08/09/27)

引き続き単身赴任先の四日市から、鈴鹿山脈の前衛峰である入道ヶ岳にMTB行ってきました。調査によると、頂上まで徒歩で30分の所まで林道が通じているということです。

四日市市内の住処から自走で行ってきました。帰りは東海自然歩道に寄り道して、湯ノ山温泉駅を見てから帰りました。
Photo

四日市市内から西に向かって一時間ほど走ると、山のふもとに着きます。伊勢茶で有名な地域でお茶畑が広がっています。宮妻町内からみた入道ヶ岳はどっしりとしています。秋晴れです。
01

宮妻峡を登っていくとキャンプ場に出ます。内部(うつべ)川の源流域です。キャンプ場の先に厳重なゲートがありますが、この先の林道も入道ヶ岳だけでなく鈴鹿山脈主稜に行く登山道として利用されています。
02

ゲートから先はダートが主になり、木漏れ日のいい感じの道になりました。
03

しかし、ここも奥に進むにしたがって先日の石榑峠と同様に崩落が増えてきました。
04

林道の終点付近は、崩落斜面を大規模に治山していて涼しい風が谷から吹き上げてきます。
05

林道の終点にMTBをデポして、徒歩で頂上まで登りました。30分。山頂付近は草原になっていて展望はすばらしい。鳥居があって、隣の前衛峰である野登山が見えます。
06

また、伊勢湾に沿った町並みやコンビナートも指呼の先です。
07

登ってきた道を下り、MTBを回収して、荒れた林道を慎重に下ってふもとに出ました。ふもとからは、東海自然歩道の道標に誘われて湯ノ山方面に行きました。途中からダートになり雲母峰登山口を通過して、湯ノ山温泉駅に下りました。雲母峰の北側を巻いて湯ノ山温泉に出る林道は崩壊で通行止めだったようです。

夕方から仕事だったのですが、日中の休み時間を楽しく過ごすことができました。

|

« 石榑峠御池林道鞍掛峠(08/09/23) | トップページ | 大菩薩峠(08/10/12) »

コメント

こんにちは、少し前の記事ですがコメさせてもらいます。

鈴鹿の山を検索中にたどり着きました、今年の春にMTB
で入道に行きましたが雪が多過ぎで断念しました。
記事を見て、また行きたいなぁ~と思ってます。

投稿: 馬笑 | 2008/11/03 18:01

こんにちは。入道ヶ岳は山頂が草原で気持ちがよく、景色も伊勢湾方面もさることながら、鈴鹿の主脈の山々の展望台としても好いですよね。
次の機会には雲母峰に行こうと思っています。

投稿: Zen | 2008/11/08 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/42681529

この記事へのトラックバック一覧です: 入道ヶ岳(08/09/27):

« 石榑峠御池林道鞍掛峠(08/09/23) | トップページ | 大菩薩峠(08/10/12) »