« 高原山釈迦が岳(07/09/16) | トップページ | 小貝川つくば周回(07/10/14) »

2007/10/08

中山峠からしらびそ小屋(07/10/07)

2007年10月7日に、前夜発のムーンライト信州を利用して八ヶ岳の中山峠からしらびそ小屋に下るルートを探索してきました。
下りは森林鉄道跡を通るので乗車率が高いのではと期待しましたが、案に相違して乗車率は低く、中山峠からの下りは急で自転車を持っての下りはたいへんで、しかも唐沢鉱泉から中山峠までもほぼ100%担ぎの登りが2時間で、このコースはMTB向きではないと結論しました。

コースの全体図です。茅野駅を朝5時に出発して、ゴールの松原湖駅に午後2時半に到着しました。
Photo_4

コース核心部の図です。唐沢鉱泉から中山峠まではほぼ担ぎ。中山峠からの下りも乗れる場面は少なかった。
Photo_2

茅野駅を午前5時に出発して、尖石遺跡を通り、三井の森別荘地をぬけて、ダート林道を登り午前8時前に唐沢鉱泉に着きました。写真には写っていませんが、連休とあって登山者でいっぱいです。
1_8

唐沢鉱泉から約2時間の押し担ぎ(ほとんど担ぎ)で黒百合平に到着。ここもたくさんの登山者が休憩しています。良い天気で気持ちよい。
1_11

中山峠は黒百合平から5分。峠の向こう側には奥秩父の山が良く見えます。
1_3

峠からの下りは急斜面。峠直下には鎖場もあって自転車むきではありませんでした。天狗岳の火口壁が見えます。
1_10

ついに森林鉄道跡に出ました。快適な道です。このコースで唯一の快適なシングルトラックでした。
1_5

快適な道を走るとすぐにみどり池に出ます。しらびそ小屋にも登山者がたくさん休んでいました。
1_6

しらびそ小屋から先はきっと乗れるぞ、と期待していたのですが、裏切られました。登山道は森林鉄道跡に完全に沿っているわけではなく、乗れる部分は少ないのです。軌道跡も乗れる部分と乗れない部分があります。写真にはレールが写っています。
Photo_3

多少は乗れる部分もありましたが、快適な下りに出会う前に稲子湯にでてしまい、終了です。
1_12

舗装路を下り、小海線の松原湖駅から輪行で帰路につきました。
今回のルート探索は残念ながらMTBに適したコースの発見には至りませんでした。それでも、秋晴れの中で八ヶ岳の山を越えた気分は爽快でした。

|

« 高原山釈迦が岳(07/09/16) | トップページ | 小貝川つくば周回(07/10/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74132/16696981

この記事へのトラックバック一覧です: 中山峠からしらびそ小屋(07/10/07):

« 高原山釈迦が岳(07/09/16) | トップページ | 小貝川つくば周回(07/10/14) »