2017/09/12

2017年9月9,10日 空木岳

 週末は天気が良いという予報を聞いて、8月末に大雨に降られて敗退した空木岳に行ってきました。

1日目
 前夜に伊奈川ダム上の駐車場に入って車中で仮眠。週末は晴れますよ!という予報のためか、クルマが多く、中にはすでにヘッドランプをつけて出発している人たちもいます。つらて薄暗い中を、午前5時前にヘッドランプをつけて出発しました。
 前回は大雨だった金沢土場に到着。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/29

2017年8月27日養老山地シングルトラック(中ア空木岳敗退)

 久しぶりに自転車中心でシングルトラックを走ってきました。実は前日に登山中心のプランで中央アルプス空木岳を目指したのですが、雨にたたられて敗退したための転戦です。
 8月26日早朝の伊奈川ダム登山口から、雨をおして林道を自転車で登ったのですが(一応、途中までは自転車を使う計画でした)、激しい雨になってびっしょり。あっさりと敗退しました。26日午後から晴れの予報だったのに残念。山頂の駒峰ヒュッテを目指して早出をしたのですが、天気の回復を見ながらゆっくりと出て木曽殿山荘泊が良かったかも。ここは、潔く敗退としました。
01


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/08

2017年8月5,6日 白山(北縦走路、中宮道から平瀬道)

 高山帯を持つ山としては、日本最西端の白山に行ってきました。白山の室堂がビジターセンターと銘打つだけあって中心のようです。テン場は山の中にはちょっとしかありません。その代りなのか避難小屋は各登山道に完備しています。夏のシーズンなので避難小屋も混むかもしれないと思い、ウルトラライトのツェルトを持参しました。
 計画は自転車を使った周回コースです。前夜にクルマで出発して、自転車は深夜の平瀬道登山口の大白川(標高1240m)にデポしてから、白川郷馬狩に移動します。仮眠後、早朝に出発して、北縦走路を歩いて水場のあるゴマ平避難小屋に宿泊。次の日は、中宮道から山頂を経由して平瀬道を下る予定です。

1日目
 馬狩から鶴平新道の登山口に向かいます。小さめですが、白川郷らしく合掌造りの家がありました。朝もやとよく似合います。
01

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/07/25

2017年7月22,23日 悪沢岳(ついに、荒川三山へ!)

 懸案の南アルプス荒川三山ついに行ってきました!一昨年は偵察に行って、これはいける!と確信を得ましたが、事情があって昨夏は実行できず。今夏はどうしても実行するということで計画していました。梅雨がなかなかあけず、不安定な天気が続いていましたが、待っていられないということで、梅雨前線が南下するという予報でしたが、決行しました(一昨年の偵察の様子はここ)
 今回は群馬のOさん、練馬のYの参加表明を受けましたが、Yさんは一日早く入山して二泊三日で行くとのこと。群馬のOさんと前夜発一泊二日の計画で行くことになりました。二つの別のグループが千枚小屋で合流し、また別れて行動するということになりました。

1日目

 前夜にクルマで出発。畑薙第一ダムに深夜に到着しました。クルマの中で運転中に外れたクイックレリーズのナットが見つからないというアクシデントがありましたが、Oさんの登場ですぐに発見できました。新しい目で探してもらえるとすぐに見つかりました。
 早朝の空は良い天気になっています。一日早く入山しているYさんはいい天気の中を3000m稜線を歩いているでしょうか。
01

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/07/17

2017年7月15,16日 大峰山脈・弥山と八経ヶ岳

 懸案の南アルプス荒川三山は天候が安定しないので、延期にしました。しかしせっかくの三連休、南のほうは天気がよさそうなので、奈良県の弥山に行くことにしました。天川村川合から弥山に登る道は、標高1100mあたりまで林道が通じていて、そこから上部はゆるい傾斜の尾根道のようです。もしかすると、MTBの下りにも使えるのではないかと思いましたが、ネット情報や山と高原の地図によるとこの坪の内林道は大崩壊で不通になっているようです。もし、上部の尾根道が自転車向きだったら一考の価値ありということで、偵察を兼ねて、狼平一泊で周回してくる計画を立てました。下山は行者還トンネル西口にして、あらかじめここに自転車をデポしておきます。そうすれば、舗装林道を下って川合に楽に戻ってこられるという寸法です。

1日目
 早朝に出発して、和佐又を越えて北山川沿いの国道から行者還林道を登ります。国道309号ですが、行き違いも難しい山岳路です。真っ暗のトンネルを抜けるとたくさんクルマが停まっています。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/10

2017年7月8日 白巣峠

 多くのサイクリストに人気の、白巣峠に行ってきました。白巣峠は木曽と岐阜県側の裏木曽と呼ばれる付知川流域を結ぶ峠の一つで、このほかに真弓峠と鞍掛峠があります。普通はそれらをつないで走るのが正統サイクリストですが、今回は輪行とクルマを組み合わせた、獲得標高よりも喪失標高(こんな言葉はあるか?)のほうが大きい、つまり下りが多いという超楽勝プランで行ってきました。山道はないので、担ぎの心配はありません。
 夜中に三岳道の駅に到着して、車中で仮眠しました。おととしの偵察以来、懸案事項としている南アルプス荒川三山の予行演習も兼ねています。(おととし2015年の偵察記録はここ)
 軽自動車の狭い車内でしたが、寝不足もあってぐっすりと寝られました。
Photo

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/19

2017年6月16-17日 明神平ウルトラライト(UL)ツェルト一泊山行

 以前から群馬のYさんに、「魚野川水平歩道では渋沢ダムでテント泊しないとね」と言われています。そのためにはできるだけ軽い装備が必要です。今回、ウルトラライト(UL)の自立型ツェルトを購入したのでその試用を目的にして、台高山脈の明神平に行ってきました。大又からの周回ルートにして、下山地点の大又林道終点には自転車をデポします。このルートを歩いてみて、自転車向きかどうか偵察することも兼ねています。

1日目
 早朝に車で出発して約2時間半で大又の集落に到着しました。林道を慎重に登り、登山口に到着。これ以上は林道が荒れていて車では入れません。ここに自転車をデポして大又集落に戻りました。
01

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/06/11

2017年6月10日 鍋倉山(東海自然歩道)

 鈴鹿峠付近の東海自然歩道では階段にやられました(階段にやられた記録はここ)が、美濃地方の鍋倉山を通る自然歩道は自転車にもよさそうな情報がネット上にあります。梅雨入り宣言がでたものの、この土曜日は晴れの予報。チャンスを逃さず、行ってみることにしました。

 揖斐川町春日(旧春日村)のもりもり村にクルマをデポします。良い天気。早朝、7時前に走り出しました。

01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/05

2017年6月3日、4日 大台林道と大台ヶ原

 梅雨に入る前に全国有数の多雨地帯の大台ヶ原に行ってみることにしました。自転車を活用するということで、海のそばの船津を出発点にして大台林道を登り粟谷小屋に入ります。一泊したあと、自転車は小屋に置いて、日出ヶ岳に登り、大台ヶ原を一周してまた戻ってくるという、一泊二日の計画です。

1日目
 出発地点は標高20mの大台林道入口。ここからすぐにダートになっています。標高差1100mの登りの始まりです。絶好の天気です。
0120m


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/28

2017年5月27日 筆捨山からゾロ峠(東海自然歩道)

 鈴鹿峠付近の東海自然歩道を探索してきました。やっぱり階段が多くて乗車率はあまり高くありませんでした。でも、アプローチに自転車を使えるのはよい。今回は輪行も使ってスタートとゴールが違うコース取りをしてみました。行動範囲が広がりました。

 関がスタート。東海道の宿場町として有名ですが、木曽路の観光地化された宿場町に比べると素朴です。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年5月14日 金糞岳中津尾根