2018/01/21

2018年1月21日 朝熊山

 雪がなく日帰りで楽に行けるところということで探していたら、またまた伊勢方面に朝熊山を見つけました。標高は500m少しですが、伊勢神宮参拝の後に参る場所ということで内宮から登る道、宇治道、があります。今は伊勢志摩スカイラインで登れてしまうのですが、ハイキングコースになっているようです。

 早朝に出発して、伊勢神宮内宮そばにある運動場の駐車場に車を置いて出発。暖かくなる予報ですが、さすがに朝は氷が張るほど冷え込んでいました。舗装路を朝熊駅方面に走ります。登山口からはよく整備された登山道に入ります。押しと担ぎで、さっそく汗が出てきました。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/08

2018年1月6-7日 熊野古道伊勢路本宮道

 熊野古道伊勢路は伊勢神宮から熊野速玉神社まで行きましたが、伊勢路は熊野市から熊野本宮大社に向かう本宮道が分岐しています。このルートも世界遺産に指定されている区間を含んでいます。気候は冬型がさらに強まり、鈴鹿山脈はすっかり真っ白になっているので、再び南下してこの古道をたどってみることにしました。

1日目
 熊野市の花の窟神社が出発点です。昨年末に速玉神社に向かっていたときは時間がなかったので、神社の中には入りませんでした。改めて参拝してみると、本当に大きい崖の岩そのものが神体としてまつられているのでした。日本最古の神社ということなので、神体も自然体なのでしょうか。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

2017年12月28日 熊野古道伊勢路(賀田から熊野速玉大社)

 熊野古道伊勢路の最後の部分を走破するため、日帰りの計画で年末に出かけてきました。出発は前回の到達点である賀田駅。クルマを駅前にデポして出発です。午前7時。寒い。

 賀田駅から海沿いの国道を走り曽根集落に向かいます。峠の入り口には、新宮まで42kmの標識があります。夕暮れまでに到着できるでしょうか。
0142km

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/13

2017年12月9-10日 熊野古道伊勢路(ツヅラト峠から羽後峠)

 先週に伊勢神宮から梅ケ谷まで走破したので、今回は後半に挑戦です。結果から話すと、前半は自転車にも良い道が多かったのですが、後半から増えてくる熊野古道のシンボルともいえる石畳道は乗れず、アップダウンも多く、かなり厳しい道のりでした。しかし、どこでもリタイアして輪行で帰ることができるというのは気持ち的にはありがたい。

1日目
 尾鷲から熊野市の間のどこかに宿泊する一泊二日の計画です。出発点の梅ケ谷駅そばの公園駐車場にクルマをデポ。夜明けの梅ケ谷駅に新宮行の列車がやってきました。寒い。
01


» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/03

2017年12月2日 熊野古道伊勢路(外宮からツヅラト峠入口まで)

 高い山は雪に覆われてしまい、自転車としては低い山の季節になりました。せっかく三重県にいるので、以前から考えていた熊野古道を自転車でめぐる旅を実行することにしました。
 熊野古道には和歌山県や奈良県側からやってくる道が多いですが、伊勢神宮参りのあとに熊野大社を参拝するために使われたという伊勢路があります。全長170km近い長い道ですが、ほぼ紀勢本線沿いなので、息が切れたらすぐに輪行でエスケープできます。今回は伊勢神宮外宮をスタート地点にして、もし宿泊可能な紀伊長島までたどり着ければ、一泊して二日目は引き続き尾鷲、新宮を目指す、という計画にしてみました。天気予報は二日間とも良好です。

 伊勢市の宮川堤公園駐車場にクルマをデポして出発です。戻って伊勢神宮外宮に参拝。正しくは内宮スタートかもしれませんが、ここは誤差範囲ということにします。外宮は内宮に比べるとあっさりしています。
01


» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/12

2017年11月12日 高見山、近畿自然歩道

 前線が通過して冬型になった後に高気圧に覆われて晴天になるという予報を頼りに、台高山脈北端の高見山に出かけました。高見峠までは舗装路を自転車で登り、ここに自転車をデポして山頂を往復。下りはワイルドだというネット情報の近畿自然歩道を下る計画です。

 まだ暗いうちに四日市を出発。出発帰着点の波瀬駅に到着しました。雲が多い空で寒々しい感じです。高気圧の勢力は台高山脈に十分に及んでいないようです。午前7時過ぎに出発。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/08

2017年11月5日 藤原岳(MTB適否探索)

 この三連休はずっと良い天気に恵まれる予報です。刈込池から帰ってきて一日の休養の後に、近場の藤原岳に行くことにしました。目的は、鞍掛峠から御池岳にMTBをもっていったときに途中敗退したので、そもそも、計画していたコースがMTB向きであったかどうかを確認するためです(自転車を持っていって途中で撤退した記録はここ)
 計画としては、鞍掛峠に至る国道306号のコグルミ谷登山口にスリックタイヤを履かせた自転車をデポして、大貝戸登山口から藤原岳を経由して周回しようということで、多少でも自転車を活用しようというアイデアは盛り込んでいます。
01

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/11/05

2017年11月2-3日 三ノ峰と刈込池

 右膝はいちおう完治したようです。ネットを見ていたら刈込池の紅葉が素晴らしいという情報がありました。日光の刈込湖と思ったら、福井県の白山山麓の刈込池でした。紅葉の時期には道路が渋滞して大混雑するそうです。この三連休の前日に休みが取れたので、刈込池に行くチャンスです。刈込池そばの小池公園をベースにして、積雪の状況に応じて三ノ峰にも登ってみようという計画です。

一日目
 早朝に四日市をクルマで出発。油阪峠を越えて初めての九頭竜湖畔を走り、勝原から打波川沿いに遡上しました。天気は最高。快調に運転して小池公園に到着しました。休みが取れなかったら、鳩ヶ湯温泉に駐車してあとは自転車の自走で行こうと考えてたのですが、標高差約400mをクルマで獲得してしまいました。
 平日ですがすでに数台が止まっていて、上部の駐車場にはもっとクルマが停まっているようです。後から管理人のおじさんに聞いたところによると、紅葉の時期は平日でも500人ぐらいの来客があるそうです。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/22

2017年10月21日 茨川廃村探索

 前回の中央アルプスの下山後に膝が腫れあがってしまい、欠かさず手伝っていた東吾妻MTBをキャンセルするという情けない事態になってしまいました(中央アルプスの記録はここ)
 東吾妻では天気が心配されていましたが、大会は成功裏だったようです。良かった(東吾妻MTBのHPはここ)。でも、わたし的にはお手伝いできずに残念。
 いっぽうで膝のほうは感染症を起こしていたようで、抗生剤などのおかげで医者からは「完治」と言われました。しかし、感染症を起こすこと自体が老化が原因であるように思えて慎重に復帰することにしました。
 台風21号接近で雨予報の週末ですが、雨具の完全装備で林道歩きに行くことにしました。以前から気になっていた鈴鹿山脈西側の愛知川源流にある茨川村(廃村)です。

 石榑峠はトンネルが貫通して四日市から茨川へのアクセスは容易になりました。九年前に四日市にいたときに目にした、茨川、の標識が今もありました。
01

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/12

2017年10月8、9日 木曽駒ヶ岳

 自転車を使った南アルプス荒川三山の成功に味をしめて、一緒に行ったYさんやOさんと今度は木曽駒に行こうと計画していました。(荒川三山の記録はここ)
  木曽駒は大樽小屋から桂木場に下る道が自転車にはベストなのですが、計画を相談しているうちに、下りは馬返しから権兵衛峠に至る尾根たどって、峠から出発点の奈良井川林道に戻るという周回コースに決定しました。このコースは地元の「ジャンボカラ松保存会」が整備しているらしいのです。また、宿泊も連休でも空いているのではないかと予想される、木曽駒山頂から少し下った玉乃窪山荘を選択しました。(2年前の、西駒山荘宿泊で桂木場に下った記録はここ)

 秋の三連休の後半2日は好天が予報されています。小屋の営業が最終日を迎えるタイミングです。逃すわけにはいきません。前日に権兵衛トンネルの木曽側に行き仮眠します。同行するYさんは伊那側で仮眠中。残念ながら今回はOさんは参加できません。

1日目
 朝の気温は10度。晴れていますがそれほど冷え込んではいません。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年10月1日 御池岳