2018/04/10

2018年3月31日-4月1日 御岳山腹スキー場(おんたけ2240、チャオおんたけ)

 スキー靴が無くなって(無くなった理由はここ)大慌てでスキー靴を新調しようとしましたが、シーズン終了まぢかということとスキー人気の低下で、スポーツ用品店でも扱っている店舗も少く、なかなか見つかりません。
 しかし、ネットはすごい。桑名市にあるAG-TUNEという店を発見。奥美濃から直行したところ、いきなり僕の足の形をチェックしてくれて、両膝が内側に入ってしまう骨格上の問題があり、それはソールをオリジナルにすることで避けられるとのこと。ここは、奮発してお願いすることにしました。
 オリジナルソールのスキー靴を入手してさっそく試走に出かけました。もう、奥美濃方面はこの急激な春の到来で瀕死の状態と推定して、標高が高い御岳山腹にあるスキー場をめぐってみることにしました。

一日目
 初日はおんたけ2240に初めて行きました。木曽谷をはさんで中央アルプスが広がっています。
18033122401

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/03

2018年3月17日 めいほうスキー場

 前の週に行って景色を満喫した奥美濃のスキー場でしたが、めいほうスキー場だけは天気が悪く眺望を楽しむことができませんでした。この地域では、長良川から外れてもっとも北アルプスに近い位置にあるため、改めて訪れてみることにしました。豊富な中・急斜面にも魅かれました。

 期待通りの快晴。ゲレンデの最上部は左手の奥で、ゲレンデ入口からは見えません。意外に大きいスキー場なのです。
01

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/04/02

2018年3月10-12日 奥美濃のスキー場(鷲ヶ岳、めいほう、ダイナランド)

 ついにスキー熱に再燃して、二泊三日で奥美濃のスキー場に行ってきました。奥美濃のスキー場はほぼ30年ぶりです。前回、10年前の四日市単身赴任時代はクルマがなかったために、奥美濃のスキー場には行っていないのです。せっかくの長良川鉄道があるのでこれを利用しようかと調査しましたが、駅からスキー場に向かうバスの便はまったくなく、車が無いと行きにくい地域であることが、改めて確認できました。鉄道とスキー場の連携で地域振興できるかというと、スキー人口が減っている現在はおぼつかないところです。

一日目
 初日は鷲ヶ岳スキー場に行きました。快晴に恵まれて景色が素晴らしい。長良川をはさんで対岸にダイナランドを抱える大日岳とその左に見えているのは日本百名山の荒島岳らしい。
01


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/06

2018年3月3-4日 きそふくしまとやぶはらスキー場

 2月末に木曽路にクルマと電車を使ってスキーに行ったときに、木曽路フリー切符というのを発見しました。名古屋出発で9320円。中津川から洗馬の区間は特急も含めて電車に乗り放題。しかも、バスやタクシーに使える乗り物券4000円分が付いてきて、これが木曽福島スキー場のリフト券にも使えるというのです。これは安い、ということで今度は電車で行ってみることにしました。

一日目
 特急で快適に木曽福島に到着。バスの乗り継ぎ時刻の関係から、今回は初日がきそふくしまスキー場です。前回に続いて、今日も快晴です。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/21

2018年2月17-18日 やぶはらときそふくしまスキー場

 奥伊吹ですっかりスキーに勢いがついて、続いて一泊二日で木曽路のスキー場をめぐってきました。クルマは冬道を走ることを想定していなかったので夏タイヤのまま。チェーンを探しましたが、すでに販売店は春モードで在庫なしばかり。あきらめて、積雪がないところまでクルマで移動して、そこから先は電車とバスという計画を立案しました。目的地はやぶはらスキー場ときそふくしまスキー場です。どちらも電車の駅からバスの便があるのです。
 これらのスキー場は10年前の単身赴任時に通っていたので、30年ぶりだった奥伊吹に比べるとずっと記憶が新しいスキー場です。

一日目
 懸念した通り、寒気の流入とともに冬型が強まりました。木曽谷には雪が舞い始めて、夏タイヤのクルマでは大桑村が精いっぱい。想定通りです。クルマをデポして電車でやぶはらに向かいました。藪原駅は雪の中です。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/20

2018年2月16日 奥伊吹スキー場(奥美濃の山々の眺め)

 四日市単身赴任の身なので、この冬は雪のない伊勢紀州方面の探索に費やそうかと思っていましたが、大寒波の襲来で紀伊半島も雪に覆われてしまうし、近郊の山も積雪があります。ということで、スキー復活。急きょ、近場の奥伊吹スキー場に行ってきました。なんと、30年ぶりぐらいです。当時はスキーブームで大混雑だった記憶があります。今日は平日なので大丈夫のはず。
 四日市から2時間半で到着。やっぱり近い。良い天気です。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/31

2018年1月28日 津市近郊の山

 大寒波の襲来で冬型になると関ケ原方面から雪雲が流れ込んでくる三重県北中部の山はすっかり雪化粧してしまいました。多少でも南側に位置する津市近郊の山ならば雪は少な目かもしれないと訪れてみました。
 結果は、雪のおかげで思わぬ発見をしました。

 登山口から舗装林道を登っていきました。曇り空で寒々しい感じですが、雪は降っていません。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

2018年1月21日 朝熊山

 雪がなく日帰りで楽に行けるところということで探していたら、またまた伊勢方面に朝熊山を見つけました。標高は500m少しですが、伊勢神宮参拝の後に参る場所ということで内宮から登る道、宇治道、があります。今は伊勢志摩スカイラインで登れてしまうのですが、ハイキングコースになっているようです。

 早朝に出発して、伊勢神宮内宮そばにある運動場の駐車場に車を置いて出発。暖かくなる予報ですが、さすがに朝は氷が張るほど冷え込んでいました。舗装路を朝熊駅方面に走ります。登山口からはよく整備された登山道に入ります。押しと担ぎで、さっそく汗が出てきました。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/08

2018年1月6-7日 熊野古道伊勢路本宮道

 熊野古道伊勢路は伊勢神宮から熊野速玉神社まで行きましたが、伊勢路は熊野市から熊野本宮大社に向かう本宮道が分岐しています。このルートも世界遺産に指定されている区間を含んでいます。気候は冬型がさらに強まり、鈴鹿山脈はすっかり真っ白になっているので、再び南下してこの古道をたどってみることにしました。

1日目
 熊野市の花の窟神社が出発点です。昨年末に速玉神社に向かっていたときは時間がなかったので、神社の中には入りませんでした。改めて参拝してみると、本当に大きい崖の岩そのものが神体としてまつられているのでした。日本最古の神社ということなので、神体も自然体なのでしょうか。
01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

2017年12月28日 熊野古道伊勢路(賀田から熊野速玉大社)

 熊野古道伊勢路の最後の部分を走破するため、日帰りの計画で年末に出かけてきました。出発は前回の到達点である賀田駅。クルマを駅前にデポして出発です。午前7時。寒い。

 賀田駅から海沿いの国道を走り曽根集落に向かいます。峠の入り口には、新宮まで42kmの標識があります。夕暮れまでに到着できるでしょうか。
0142km

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2017年12月9-10日 熊野古道伊勢路(ツヅラト峠から羽後峠)